「have trouble(doing/with)」「have difficulty(doing/with)」の意味と使い方!英語で「困る,苦労する」を例文で解説!

今回は、英語で「困る,苦労する」という意味になる「have trouble (doing/with)」と「have difficulty (doing/with)」の使い方を例文で解説していきます。

これらの言葉は、心配事を抱えていたり、困難な状況になっている時に使うフレーズです。どちらの表現も似たような使い方ができるので、2つ合わせて覚えておきましょう。

Sponsored Links

「have trouble(doing/with)」の意味と使い方

「have trouble (in) doing」・・・「~するのに困る,苦労する」
「have trouble with 名詞」・・・「~において困る,苦労する」

「have trouble」のは「trouble」は「心配事,悩み」という意味の名詞です。そして「have」は「持つ」という所有を意味する動詞なので、「have trouble」は、心配事や悩みを抱えるというニュアンスで「困る」という意味になります。

「have trouble」は、主に「have trouble (in) doing」と「have trouble with 名詞」の2つの使い方をすることが多いです。それぞれの使い方を例文で確認していきましょう。

Sponsored Links

I’m having trouble (in) saving money.
 
お金を節約するのに困っています。

この例文のように、現在進行形の「I’m having trouble (in) doing(~するのに困っている)」のフレーズで使う頻度が高いです。そして、前置詞の「in」は省略されることが多いです。「have trouble (in) doing(~するのに困る,苦労する)」これが基本の形になるので覚えておきましょう。

have-trouble--doing-with-have-difficulty-doing-with-意味-使い方-英語-困っている-例文-画像1

I have trouble with everyday conversation in English.
 
英語での日常会話に苦労しています。

「have trouble with」の後ろには、名詞または名詞相当語句(名詞と同じような働きをする語句)がくることが使い方のポイントです。この例文では、「everyday conversation(日常会話)」という名詞に相当する語句が使われています。「have trouble with + 名詞(~において困る,苦労する)」この形で覚えておきましょう。

Sponsored Links

「have difficulty (doing/with)」の意味と使い方

「have difficulty (in) doing」・・・「~するのに困る,苦労する」
「have difficulty with 名詞」・・・「~において困る,苦労する」

「have difficulty」の「difficulty」は「困難」という意味の名詞です。「have difficulty」は困難を抱えているというニュアンスから「困る,苦労する」という意味になります。

単語の違いはありますが、「have difficulty (doing/with)」と「have trouble(doing/with)」は、どちらも「困る,苦労する」という意味で似たような表現になります。あえて細かい違いを言うと、「difficulty」は仕事上の問題など、より専門的で困難な場面で使う傾向があります。「trouble」は日常生活の問題や心配事など、より広い範囲で使われる言葉です。ただし、どちらを使って「困る,苦労する」と言っても間違いではありません。

We’re having difficulty (in) ordering additional products.
 
追加の製品を注文するのが困難になっています。

「have difficulty (in) doing」も進行形で使うことが多いです。例文では、追加発注ができずに困っているという内容です。この場合も前置詞の「in」は省略されることが多いです。

have-trouble--doing-with-have-difficulty-doing-with-意味-使い方-英語-困っている-例文-画像2

He was having difficulty with the presentation.
 
彼はプレゼンに苦労していました。

「have difficulty with」の後には、名詞または名詞相当語句がくるのが使い方の基本です。この例文では、「the presentation(プレゼンテーション)」という名詞が使われています。

このように「have trouble(doing/with)」と「have difficulty(doing/with)」は、「困る,苦労する」という意味でとても似た使い方をする言葉なので、2つをセットで覚えておくと良いでしょう。どちらかと言えば、「have difficulty」よりも「have trouble」の方が使う頻度は高いように思えます。

Sponsored Links

おすすめの記事

apart fromとexcept forの違いと使い分け!意味と使い方を例文で解説!

be poor atの意味と使い方!英語で「苦手」を例文で解説!

make senseとunderstandの違い!意味と使い方を例文で解説!

complicatedとcomplexの違い!意味と使い方を例文で解説!

「get rid of」の意味と使い方!英語で「取り除く」を例文で解説!

>>>英語を話せるようになりたい方へアドバイス

Sponsored Links

Check!≫ 今注目の英会話アプリ

当サイトで度々ご紹介している、イチオシの英会話アプリの「スタディサプリ」に新シリーズが出ました。「スタディサプリ」は、大手企業のリクルート社が手掛ける英語学習サービスで、登録者数が58万人超えの人気アプリです。

前作は「逆転裁判」を手掛けた有名なゲーム会社が製作していましたが、今作は大ヒットドラマの「ごくせん」や「ナースのお仕事」などを手掛けた有名な脚本家がシナリオを書いています。日常生活で実際に使える英語フレーズを、楽しみながら学習できるドラマ仕立てのレッスンになっています。

NHKの番組講師も務める人気講師が解説する、1回1分の「神授業」動画もとても役に立ちます。日本人が実際に英語で生活してみないと分からないような問題点を、短時間でピンポイントに解説してくれます。

「スタディサプリ」は、スマホさえあれば、いつでもどこでも英語学習ができる便利なアプリです。「英語学習を楽しく続けたい!英語を1から学びたい!」「海外旅行の前に英語に慣れておきたい!」「訪日外国人と英語を使ってコミュニケーションしたい!」「1回3分!忙しいママでも手軽にレッスンしたい!」このような方にお勧めです。気になる方は是非チェックしてみてください。

あなたに合ったコースを選択

 

効率良く英語力をつける

英語が話せるようになりたいけど、具体的に何から始めていけばよいのか分からない。そんな方は一度英会話プログラムを体験して、英語学習のコツを学ぶと効率が良くなります。

英語学習は、英会話スクールやオンライン英会話など学び方は様々です。あなたのライフスタイルに合ったプログラムを選んで、英語の習得に役立てましょう。

 
【オンライン英会話】ネイティブキャンプ

 オンライン英会話の「ネイティブキャンプ」は、芸能人による体験動画が様々なメディアで紹介されて、いっきに人気を集めたプログラムです。
「ネイティブキャンプ」の最大の特徴は「学習の楽しさ」です。アメリカ・イギリスなどのネイティブスピーカーや、英語運用能力が非常に高いフィリピン・セルビアなど世界100ヶ国以上の様々な国籍の講師が在籍しています。そんなバラエティ豊かな講師とオンラインで英会話レッスンが可能なので、まるで世界中の外国人とシェアハウスで話しているような楽しさがあります。
一口に英語と言っても各国で発音や言い回しが異なり様々な英語表現があります。いろいろな国籍の講師と英語で会話することは貴重な体験になることでしょう。無料レッスン体験があるので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 
【ビジネス英会話】ビズメイツ

 ビジネスシーンでの英会話は、日常会話とは違ったフォーマルな表現が要求されます。また、信頼関係を築くためには英語でのコミュニケーションスキルも必要です。さらに、グローバルなビジネス環境では異なる文化や価値観を理解することも大切です。
ビズメイツは、これら全てをサポートするビジネス英語特化型のオンライン英会話です。ビジネス英語と言うとハイレベルな内容だと思われがちですが、ビズメイツでは、最初のレベルは中学英語から学習するため英会話初心者でも安心して始められます。多忙なビジネスパーソンの良きパートナーとなる、高品質なビジネス英会話プログラムを提供しています。

 
【英会話スクール】駅前留学のNOVA

 「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方には、駅前留学でお馴染みの大手英会話スクール「NOVA」をお勧めします。
オンライン会話や英会話アプリなどは、学習する場所と時間を問わないのでとても便利ですが、その反面、自発的な学習意欲がなければ続かないこともあります。
英会話スクールに通う事を生活の一部にしてしまえば、通う事自体がひとつの楽しみになり、生活もより充実したものになることでしょう。
NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカーなので、クオリティー面も安心です。レッスンは最大4人までの少人数制なので、本物の使える英語が身につきます。駅の近くにお住まいの方や、普段から通勤・通学で電車をご利用の方など、駅前留学の「NOVA」を活用してみてはいかがでしょうか。