「have~in common with」の意味と使い方を例文で解説!

今回は英語で「共通点がある」という意味になる「have~in common(with)」の使い方を例文で解説していきます。

この表現の基本の形は「have~in common」なのですが、「have nothing in common」や「have a lot in common」などのように、haveとinの間に入る言葉を替えることで、共通点の内容が変わるという表現です。

Sponsored Links

「have~in common(with)」の意味

「共通点がある」

以上が、「have~in common(with)」の意味になります。ここで使われているcommonは「共通」や「共有」を表す名詞です。つまり、共通の何かをもっていることを表したフレーズになります。

「have~in common」または「have~in common with」この形で使うことが多いです。よく使われる表現は次のとおりです。

「have something in common」・・・「何らかの共通点がある」
「have nothing in common」・・・「共通点が何もない」
「have a lot in common」・・・「共通点がたくさんある」
「have little in common」・・・「共通点がほとんどない」

Sponsored Links

「have ○○ in common」が基本の形で、「○○」の部分の言葉を入れ替えるだけで、共通点に関する様々な言い方を表すことができます。

それでは、「have~in common」の使い方を例文で確認していきましょう。

have-in-common-with-意味-使い方-例文-画像1

「have~in common(with)」の使い方

この表現は「have~in common」と「have~in common with」で使い方が違います。簡単な例文で1つひとつ確認していきましょう。

I and Emi have something in common.
 
私とエミには共通点があります。

この例文では、「have something in common(何らかの共通点がある)」この形を使って、私とエミには共通点があると言っています。

共通点がある2つの対象を主語の位置にまとめて「I and Emi(私とエミには)」と表現しているところが使い方のポイントです。同じような内容を前置詞のwithを加えて「have~in common with」の形で表すこともできます。

Sponsored Links

I have something in common with Emi.
 
私はエミと共通点があります。

この例文では、「have~in common with」の形を使って、同じ内容を表現しています。ただし、主語はI(私は)で、共通点がある対象を、with Emi(エミと)と表現しています。

共通点がある対象を主語にまとめた「have~in common」と、前置詞のwithを使った「have~in common with」では言い方は違いますが、伝えたい内容はほとんど同じです。

have-in-common-with-意味-使い方-例文-画像2

The two languages have a lot in common.
 
その2つの言語には多くの共通点があります。

「have~in common」この表現は、人と人の共通点以外にも使います。この例文では2つの言語の共通点について言っています。すでに紹介していますが、「have a lot in common(共通点がたくさんある)」この形を使って表現しています。

Sponsored Links

例文を「We were supposed to get there before 3pm.(私たちは午後3時前にそこへ着くはずだった。)」これだけでも英文として成り立ちますが、「was/were supposed to~,but~」このような形で、「~するはずだったけど、~した」と、but以降に情報を付け加えることが多いです。

be-supposed-to-意味-使い方-should-違い-例文-画像2

「be supposed to」と「should」の違い

「be supposed to」・・・「~することになっている(規則)」
「should」・・・「~したほうがいいですよ(提案)」

You are supposed to take off your shoes here.
 
ここで靴を脱ぐことになっています。

この例文では、「be supposed to」を社会的な規則で「~することになっている」という意味で使われています。例文の内容は、日本では一般的に家の中に入る時には靴を脱ぐことになっているというシチュエーションです。

「be supposed to」は、一般的にそういうルールになっているという使い方でしたが、助動詞の「should」を使うと意味合いが全く違います。

You should take off your shoes here.
 
ここで靴を脱いだほうがいいですよ。

「should」は、相手に「~したほうがいいですよ」と提案する時に使います。「be supposed to」の規則を説明する言い方とは、相手に与える印象が違います。

【30日間全額返金】ライザップがTOEICにコミット!ライザップイングリッシュ

Sponsored Links

おすすめの記事

nearbyとnearの使い方の違い!英語で「近い」を例文で解説!

changeとexchangeの違い!意味と使い方を例文で解説!

at odds withの意味と使い方を例文で解説!

be supposed toの意味と使い方!shouldとの違いを例文で解説!

give inとgive upの違い!意味と使い方を例文で解説!

大人英語会話で役立つ表現

英単語は「思い出す」ことで覚えていく

created by Rinker
朝日新聞出版
¥979 (2023/01/28 19:14:05時点 Amazon調べ-詳細)

英単語を覚える時は、「読む」「書く」「話す」の3ステップを繰り返すことが大切です。1度覚えた英単語を忘れてしまった場合は、この3ステップを繰り返して、もう1度「思い出す」ことで脳に記憶が定着していきます。

たとえば、動詞の「recommend [rèkəménd](勧める)」を覚えたい場合は次の通りです。

1.「読む」
「recommend」の正しい発音を発音記号やGoogle翻訳の音声機能などを使って確認してから、声に出して「recommend」を読んでみる。

2.「書く」
「recommend」のスペルと意味を覚えるまで書く。

3.「話す」
具体的なシチュエーションを想定して、「recommend」を使った英文を作り、独り言でも良いので話してみる。

たとえば、友人の行きつけの飲食店に連れて行ってもらった時に、おすすすめのメニューを聞くというシチュエーションを想定して、「What do you recommend?(あなたのおすすめは何ですか?)」という英文を作って話してみる。

そして、動詞の「recommend [rèkəménd](勧める)」を名詞の「recommendation [rèkəməndéɪʃən](推奨)」に変えたら、どのような英文になるのかを考えてみる。答えは「What’s your recommendation?(あなたのおすすめは何ですか?)」になります。

これで、動詞の「recommend」と名詞の「recommendation」の2つの英単語が覚えられたと思います。

しかし、大抵は数日経てば忘れてしまうものです。そこで諦めないで、再び「読む」「書く」「話す」の3ステップを繰り返すことが大切です。忘れてしまった英単語を「思い出す」ことで脳に記憶が定着していきます。

大人におすすめの英単語帳

created by Rinker
アイシーピー
¥1,320 (2023/01/28 08:06:32時点 Amazon調べ-詳細)

アメリカの大学教授3名を含む15名のネイティヴが作った「暗記する価値のある英文」で、現代英語の重要単語1600語と重要熟語1000語が学べる。まずは標準レベルの英語力を身に付けたいという方におすすめ。

TOEIC(L&R)対策におすすめの英単語帳

created by Rinker
朝日新聞出版
¥979 (2023/01/28 19:14:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
朝日新聞出版
¥979 (2023/01/28 04:12:57時点 Amazon調べ-詳細)

「金のフレーズ」はTOEICが600点以上の方におすすめ。まだ自信がない方は、基礎固め編の「銀のフレーズ」から始めてみましょう。

高校生におすすめの英単語帳

created by Rinker
旺文社
¥1,210 (2023/01/28 08:06:45時点 Amazon調べ-詳細)

大学入試に出題される可能性が高い順に英単語が載っている英単語帳。

中学生におすすめの英単語帳


高校入試に出題される可能性が高い順に英単語が載っている英単語帳。

【PR】TOEIC受験をサポート


TOEICのテストは、「TOEIC L&R(Lestening&Reading)」や「TOEIC S&W(Speaking&Writing)」などの種類がありますが、日本でTOEICと言うと一般的に「TOEIC L&R」を指します。

「TOEIC L&R」は、45分のリスニングテストと、75分のリーディングテストで構成されています。配点は、リスニングテスト495点とリーディングテスト495点を合わせて990点満点になります。

問題数は、リスニングテスト100問とリーディングテスト100問を合わせて、なんと200問もあります。200問を120分で答えていくわけですから、何の戦略もなく何となくテストを受けて良い点を取れるわけがないのです。

とは言え、「TOEIC L&R」は、英語を聞くテストと英文を読むテストだけなので、英語を話すことは問われません。出題の傾向を知っていれば対策できるはずです。

本気でTOEICのスコアアップを目指したいという方には、大手企業のリクルート社が提供する「スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン」をお勧めします。

パーソナルコーチプランでは、いつ、何をやれば良いかを明確にした一人ひとりの学習プランを作成し、それを精鋭講師がチャットや音声通話でサポートしてくれます。気になる方は、TOEIC受験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

あなたに合ったコースを選択
Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
基礎からはじめる英語学習