助動詞「will」の使い方を細かく分けるといろいろな用法がありますが、これから英語を学び始める初級者や、久しぶりに英語を学び直そうとしている大人の学習者は、まずは、willの「予定」「意志」「推測」の3つの使い方を覚えておくと良いでしょう。

willは未来を表す助動詞なので、未来の「予定」や、未来に起こることの「推測」を表す使い方は分かりやすいのですが、「意志」を表すwillの使い方は見落としがちなので、しっかり学習していきましょう。

Sponsored Links  

「予定」を表す使い方

I will go to the library tomorrow.
 
私は明日、図書館に行きます。

この例文で、私が図書館に行くのは明日(未来)だと言っています。このように未来について言いたい時は助動詞のwillを使います。

助動詞の使い方は、後にくる動詞が原形になることが基本です。例文では、willの後に動詞の原形のgo(行く)が使われています。「will+動詞の原形」で未来の行動や状態を表すことができます。

Sponsored Links

He will visit Kyoto next month.
 
彼は来月、京都を訪れる予定です。

We will play soccer next week.
 
私たちは来週、サッカーをします。

これらの例文のように、主語がHe(彼)三人称単数でも、主語がWe(私たち)複数になったとしても、「will+動詞の原形」の基本の使い方は同じです。willの後には動詞の原形を使うという基本のルールをしっかり覚えておきましょう。

will-意味-使い方-意志-推測-未来-助動詞-画像2

「意志」を表す使い方

I‘ll help it.
 
手伝いますよ。

この例文で使われている「I’ll」は「I will」の短縮形です。口語表現では短縮して発音することが多いです。

willの短縮形は後ろに「’ll」をつけるだけです。「「I will ⇒ I’ll」「You will ⇒ You’ll」「We will ⇒ We’ll」「He will ⇒ He’ll」「She will ⇒ She’ll」「It will ⇒ It’ll」「They will ⇒ They’ll」

Sponsored Links

例文の内容は、「手伝います」という自分の意志を表すために助動詞のwillを使っています。これから手伝おうとしているので、未来のことを表現しています。

もともとwillは強い意志を表す言葉で、このような使い方をwillの意志未来の用法と言います。未来に何かをやろうとするためには、その人の意志がないとできないので、そう考えるとwillが「未来」のことと「意志」の両方を表す助動詞だということが理解しやすいのではないでしょうか。

<例文>

I will do it right now.
(今すぐにそれをやります。)

I will answer the phone.
(私が電話にですよ。)

will-意味-使い方-意志-推測-未来-助動詞-画像1

「推測」を表す使い方

It will be rainy tomorrow.
 
明日は雨でしょう。

この例文では、明日は雨になるという「推測」を表しています。このようにwillには推測を表す使い方もあります。

この例文には注意しておきたい3つのポイントがあります。1つ目は推測を表すwillの用法でも「will+動詞の原形」という基本のルールは同じです。

2つ目は、be動詞の原形が使われている点です。例文で使われているrainy(雨の,雨降りの)は形容詞なので、状態を表すbe動詞が必要です。助動詞willの後ろには必ず動詞の原形を置くことが基本のルールなので、例文ではbe動詞の原形の「be」を使っています。

現在形⇒ It is rainy today.(今日は雨ですね。)
未来形⇒ It will be rainy tomorrow.(明日は雨でしょう。)

3つ目のポイントは、仮主語のItです。このItは「それ」という意味ではありません。この例文を日本語で考えてみると「明日の天気は雨でしょう。」なので、主語は「天気」になります。英語では、天気や時間、季節など、あえて説明しなくても誰もが分かる共通の話題の主語は、代名詞のItを使って仮の主語とすることがあります。時間の仮主語:「It’s eight o’clock.(8時です。)」。季節の仮主語:「It’s all spring now.(もうすっかり春ですね。)」

<例文>

She will pass the test.
(彼女はテストに合格するだろう。)

Sponsored Links

おすすめの記事

過去進行形と過去形の違いは?疑問文と否定文の使い方も例文で解説!

「May I?とCan I?」「Could you?とCan you?」の違いと使い分け!使い方と答え方を例文で解説!

byとwithの違い!使い分けを例文で解説!

quickとfastの違い!英語で「早い・速い」を意味する使い方を例文で解説!

最上級のinとofの違いと使い分けを例文で解説!

>>>英語を話せるようになりたい方へアドバイス

Sponsored Links

Check!≫ 3分からはじめる英語アプリ



「スタディサプリ」は、「ゼクシィ」や「カーセンサー」などでお馴染みの大手企業のリクルート社が手掛ける英語学習サービスです。

「スタディサプリ」の最大の特徴は「利便性の高さ」です。暮らしでこんなサービスがあったらイイなを実現するサポート型のプログラムと言えます。最新音声認識技術を使った会話シミュレーションで自分の発音をチェックできたり、ドラマ仕立てのレッスンで日常英会話で必要な表現を楽しみながら学ぶこともできます。

「日常英会話ができるようになりたい」「TOEICで効率良くスコアアップしたい」「入試・受験で活用したい」など、それぞれの目的に合った学習プランが充実しています。通学/予約が必要なく、スマホさえあればちょっとした空き時間や移動時間でも、手軽に活用できる便利な英会話サービスです。

1日33円からできるリーズナブルな価格設定なので、いつもの英語学習をサポートするアイテムとして手軽に始められます。1回3分の短いレッスン動画から始められるので、多忙なビジネスマンや主婦、部活が忙しい受験生などにお勧めです。

あなたに合ったコースを選択

 

効率良く英語力をつける

英語が話せるようになりたいけど、具体的に何から始めていけばよいのか分からない。そんな方は一度英会話プログラムを体験して、英語学習のコツを学ぶと効率が良くなります。

英語学習は、英会話スクールやオンライン英会話など学び方は様々です。あなたのライフスタイルに合ったプログラムを選んで、英語の習得に役立てましょう。

 
【英会話スクール】駅前留学のNOVA

 「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方には、駅前留学でお馴染みの大手英会話スクール「NOVA」をお勧めします。
オンライン会話や英会話アプリなどは、学習する場所と時間を問わないのでとても便利ですが、その反面、自発的な学習意欲がなければ続かないこともあります。
英会話スクールに通う事を生活の一部にしてしまえば、通う事自体がひとつの楽しみになり、生活もより充実したものになることでしょう。
NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカーなので、クオリティー面も安心です。レッスンは最大4人までの少人数制なので、本物の使える英語が身につきます。駅の近くにお住まいの方や、普段から通勤・通学で電車をご利用の方など、駅前留学の「NOVA」を活用してみてはいかがでしょうか。

 
【通信教育】Z会

  「Z会」は、幼児から大学受験まで幅広いコースを展開する通信教育です。東大、京大をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績があります。
自宅にいながら、Z会講師の質の高い授業を受講できます。丁寧な添削指導で、通信教育であってもお子さま一人ひとりに合わせた指導が可能です。
教育改革によって知識量よりも思考力が重視される傾向があります。この変化をチャンスに変えるために、お子さまに必要な「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的な学習プログラムを提供しています。

 
【オンライン英会話】ネイティブキャンプ

 オンライン英会話の「ネイティブキャンプ」は、芸能人による体験動画が様々なメディアで紹介されて、いっきに人気を集めたプログラムです。
「ネイティブキャンプ」の最大の特徴は「学習の楽しさ」です。アメリカ・イギリスなどのネイティブスピーカーや、英語運用能力が非常に高いフィリピン・セルビアなど世界100ヶ国以上の様々な国籍の講師が在籍しています。そんなバラエティ豊かな講師とオンラインで英会話レッスンが可能なので、まるで世界中の外国人とシェアハウスで話しているような楽しさがあります。
一口に英語と言っても各国で発音や言い回しが異なり様々な英語表現があります。いろいろな国籍の講師と英語で会話することは貴重な体験になることでしょう。無料レッスン体験があるので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 
【語学留学】School With

 「School With」は日本最大級の留学総合サイトです。アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、ニュージーランド、フィリピン、マルタなど、英語圏の8カ国を中心に一人ひとりに合った留学先の情報を提供しています。
「仕事」や「異国文化の体験」など、留学の目的によって学校の選び方は異なります。「School With」では、留学経験者の口コミが多数掲載されているので、同じ目的で留学している人が多い学校を探すことができます。中にはTOEICの試験対策コースがある学校もあります。
留学する国よって文化、訛り、物価などが異なります。なかなか留学先が決められない場合は「オススメの国・都市診断」機能を使うと便利です。

Sponsored Links