「過去進行形」と「過去形」は、文字通りどちらも過去の出来事について伝える表現ですが、それぞれの意味合いは違います。

過去進行形は、過去に進行中だった動作を伝えるので、その時に感じた気持ちも一緒に伝えることができます。

単に過去の出来事を伝える過去形を使うよりも、感情のこもった過去進行形を使った方が会話が豊かになることがあるのです。

今回の記事では、過去進行形と過去形の違いや、疑問文と否定文の使い方などを例文で解説しています。

Sponsored Links  

過去進行形と過去形の違い

He was watching TV then.
 
彼はその時テレビを見ていました。

過去進行形の基本のかたちは、「was/were + 動詞ing」です。

過去のことを表しているので、be動詞がwasまたはwereの過去形になり、その後に動詞にihgをつけて進行形を加えています。

例文では、過去のその時にテレビを「見ていました」という進行中の動作を表しています。

たとえば、この例文を過去進行形ではなく、通常の過去形に変えてみると、次のような英文になります。

Sponsored Links

He watched TV then.
 
彼はその時テレビを見ました。

過去形の場合は、「~しました」のように過去に起こった出来事や過去の状態を表しています。

例文では、テレビを「見ました」という過去に起こったことを述べているだけで、過去進行形のように過去のある時に進行中の動作を表したものではないという違いがあります。

「過去進行形」・・・過去のある時に進行中だった動作を表す
「過去形」・・・過去に起こったことや過去の状態を表す

過去進行形と過去形は、どちらも似たような内容で、同じ過去の話なら、過去形だけでいいのではないだろうか?と考えがちですが、実は過去進行形を上手に使うと会話が豊かになります。

過去進行形と過去形の違い-疑問文-否定文-使い方-例文-画像1

「~していたのに!」気持ちが含まれる過去進行形

I was doing my best!
 
一生懸命やっていたのに!

I did my best!
 
私は最善を尽くしました!

過去進行形は、過去に進行中だった動作を淡々と伝えることもありますが、時には過去進行形にすることで、通常の過去形と比べて、自分の気持ちがこもった表現になることがあります。

I was doing my best!(一生懸命やっていたのに!)という例文では、過去に自分は「一生懸命やっていたんだよ」でもダメだったという気持ちがこもったフレーズです。この「一生懸命やっていたんだよ」という進行中だった動作を伝えられるのは過去進行形ならではの表現です。

一方、過去形のI did my best!(私は最善を尽くしました!)という例文では、過去に頑張った出来事をただ言っているだけで、過去進行形のような独特の感情が含まれていません。

過去進行形の場合は、過去に進行中だった動作を言うことで、その時に「一生懸命やっていた」という感情も一緒に伝えることができるのです。過去進行形と過去形には、このように感情の違いがあるのです。

日常会話の中で、「~していたのに!」と相手に言う場面はよくあります。たとえば、話しかけたのに相手が気付かなかった場合、I was talking to you!(話しかけていたのに!)過去進行形にすることで、ずっと話しかけていたのに何で気付かないの?という気持ちが含まれるのです。

これを単なる過去形のI told to you.(私はあなたに話しかけた。)では、過去進行形のような気持ちは含まれないのです。

それでは最後に、過去進行形の疑問文と否定文の使い方も確認していきましょう。

Sponsored Links

過去進行形の疑問文の使い方

Was he watching TV then?
 
その時彼はテレビを見ていましたか?

He was watching TV then.(彼はその時テレビを見ていました。)を疑問文にするには、be動詞のwasを文頭に移動することで過去進行形の疑問文になります。

過去進行形の疑問文は、be動詞のwasまたはwereを文頭に移動するだけでいいので、とても簡単です。後は文頭にくるので最初の文字を大文字(WasまたはWere)になることと、文末に「?」をつけることを忘れないようにしましょう。

<例文>

Was John reading a book?
(ジョンは本を読んでいましたか?)

Yes, he was.
(はい、そうでした。)

Were you waiting for the bus?
(あなたはバスを待っていましたか?)

No, I was not.
(いいえ、違います。)

過去進行形と過去形の違い-疑問文-否定文-使い方-例文-画像2

過去進行形の否定文の使い方

He was not watching TV then.
 
彼はその時テレビを見ていませんでした。

He was watching TV then.(彼はその時テレビを見ていました。)を否定文にするには、be動詞のwasの後にnotをおくことで過去進行形の否定文になります。

過去進行形の否定文は、be動詞のwasまたはwereの後にnotをおくだけでいいので使い方は簡単です。

<例文>

I was not studying then.
(私はその時、勉強していませんでした。)

We were not playing baseball.
(私たちは野球をしていませんでした。)

Sponsored Links

おすすめの記事

There is/areの意味と使い方!主語は倒置!There構文が使えない例を紹介!

中学英語の現在進行形の意味と使い方!ingのつけ方や文法について解説!

Would you like~?の意味・使い方・答え方について例文で解説!

want/tell/ask+人+to doの意味の違いと使い方を例文で解説!

不規則動詞一覧表!覚え方はタイプ別に分ける!

>>>英語を話せるようになりたい方へアドバイス

Sponsored Links

Check!≫ スマホで学べるオススメ英会話



「英会話を始めたいけど時間がない…」そんなお悩みの方には、スマホを使った英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」をお勧めします。

通学/予約は必要ありません、スマホさえあれば空いた時間で手軽に始められます。通学・通勤電車の中や夜寝る前に一人でできる最短3分からの英会話サービスです。

ドラマ仕立てのレッスンなので楽しく続けられます。日常会話から恋愛感情のやり取りまでを盛り込んだ多彩なストーリーを、有名ゲーム会社が書き下ろしています。

書籍も数多く執筆し、日本人の英語を知り尽くしたトップクラスの講師陣が学習をサポート。最新音声認識技術を使った会話シミュレーションで、発音チェックもできます。

1日33円からできる手軽さと、毎日たった数分のレッスン動画で英会話が学べるので、初級者でも安心して学習できます。

あなたに合ったコースを選択

 

あなたに合った学習方法を選択

英語をしっかり勉強したい方のために、お勧めの学習方法を紹介します。

英語学習は、英会話スクールやオンライン英会話など学び方は様々です。あなたのライフスタイルに合ったプログラムを選んで、英語の習得に役立てましょう!

 
【英会話スクール】駅前留学のNOVA

 「NOVA」は、日本最大級の校舎数を誇る英会話スクールです。「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方にお勧めです。
NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカーなので、クオリティー面も安心です。
レッスンは最大4人までの少人数制なので、本物の使える英語が身につきます。

 
【通信教育】Z会

 「Z会」は、幼児から大学受験まで幅広いコースを展開する通信教育です。東大、京大をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績があります。
自宅にいながら、Z会講師の質の高い授業を受講できます。丁寧な添削指導で、通信教育であってもお子さま一人ひとりに合わせた指導が可能です。
お子さまに必要な「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できます。

 
【オンライン英会話】ネイティブキャンプ

 「ネイティブキャンプ」は、初級者から上級者まですべてをカバーするオンライン英会話です。予約不要なので24時間365日好きな時にレッスンができます。
初めのうちは英語圏国民のような完璧な英語を目指す前に、約1500程度の英単語を軸に、確実に自分の意思が相手に伝わる「グローバルイングリッシュ」を学んでいきます。
英会話初心者から日常会話に問題のないTOEICハイスコアを目指す上級者まで、それぞれのレベルで自由にカリキュラムが組めるので、あなたのレベルに合った授業を受けることができます。

 
【語学留学】School With

 「School With」は日本最大級の留学総合サイトです。英語圏の8カ国を中心に一人ひとりに合った留学先をご提案しています。
留学経験者の口コミが多数掲載されているので、自分にあった留学先を見つけるための情報がとても豊富です。「オススメの国都市診断」や「フィリピン学校診断」など診断機能があるので、自分にあった留学先がすぐに見つかります。

Sponsored Links