usuallyとalwaysの違い!使い方は位置で印象が変わる!

今回は、「usually」と「always」の違いについてです。これらは頻度を表す副詞ですが、どれくらいの頻度を意味するのかに違いがあります。

文章のどの位置に使うのかで迷うことが多いと思いますが、そもそも副詞の働きを分かっていれば使い方は簡単です。

今回の記事では、usuallyとalwaysの違いと使い方について例文で解説していきます。

Sponsored Links

「usually」と「always」の違い

usuallyは「普通」や「大抵」という意味の副詞です。

alwaysは「いつも」や「常に」という意味の副詞です。

どちらも頻度を表す副詞ですが、それぞれの意味からも分かるように、頻度の度合いによって使い方に違いがあります。

usuallyやalways以外にも、頻度を表す副詞はいろいろあるので、それぞれの違いを表にしてみました。

頻度 副詞 意味
100% always いつも
80~90% usually 普通,大抵
50~60% often しばしば,よく~する
20~30% sometimes 時々
0% never 一度も~ない

Sponsored Links

always(いつも)の100%と、never(一度も~ない)の0%以外は、感覚的に個人差がありますが、これらの副詞の意味と頻度は以上の内容になっています。

特に、sometimes(時々)の頻度がとても個人差があって、たとえば、月に3、4回ジムに通っている程度でもsometimes(時々)を使ってもおかしくはない。日本語でも「時々」という感覚に幅があって、使う人によって異なります。

usuallyは、80%くらいの頻度で「普通」や「大抵」と表しています。つまり、usuallyとalwaysの違いは、「usually(80%くらい)」と「always(100%)」の頻度の違いで使い分けると良いでしょう。

usually-always-違い-使い方-位置-画像1

「usually」と「always」の使い方

usuallyとalwaysは副詞です。副詞は名詞以外を修飾する働きがあり、主に動詞と形容詞を修飾します。

つまり、usuallyとalwaysは修飾する対象の動詞や形容詞の前の位置におくのが基本の使い方になります。

それに加えて、文頭や文末にも使うことができますが、相手に与える印象が少し違います。

usuallyとalwaysの使う位置について、1つ1つ例文で確認していきましょう。

 

I usually eat bread for breakfast.
 
私はたいてい朝食にパンを食べます。

この例文のusuallyは、eat(食べる)という動詞を修飾して、「たいてい食べる」という意味で使っているので、動詞の前の位置に使われています。

usuallyやalwaysは、習慣を表す言葉なので、動詞も習慣を表す現在形で使うのが基本です。

 

I do not always eat bread for breakfast.
 
私はいつも朝食にパンを食べるとは限らない。

否定文でも副詞のalwaysが動詞のeatを修飾していることには変わりありません。ですから、動詞の前の位置に使うのが基本です。notとeatの間の位置に使われています。

Sponsored Links

Do you always eat bread for breakfast?
 
朝食にはいつもパンを食べますか?

疑問文でも同様に副詞のalwaysが動詞のeatを修飾しているので、使う位置は動詞の前になります。

 

I am usually busy in the morning.
 
私はたいてい朝は忙しい。

文章にbe動詞を使っている場合は、主に形容詞が使われています。

その場合、副詞のusuallyは形容詞のbusy(忙しい)を修飾しているので、形容詞の前の位置に使うのが基本です。be動詞のamと形容詞のbusyの間の位置に使われます。

usuallyやalwaysなどの頻度を表す副詞は、修飾する動詞の前の位置に使うことが基本です。ただし、be動詞がある場合は同時に形容詞があるはずなので、修飾する形容詞の前の位置に使います。

usually-always-違い-使い方-位置-画像2

文頭と文末で相手に与える印象が変わる

I am not usually late.
 
私は普段遅刻しません。

Usually I am not late.
 
普段、私は遅刻しません。

I am not late, usually.
 
私は遅刻しません、普段はね。

usuallyとalwaysは、文頭と文末にも使うことができますが、相手に与える印象が少し違います。

1つ目の基本の使い方と、2つ目の文頭に使うかたちは、日本語訳を見てもそれほど大きな違いがありませんが、3つ目の文末にusuallyを使うかたちは、相手に与える印象が違うことが日本語訳からでも分かると思います。

初めにI am not late(私は遅刻しません)と言ってからusually(普段はね)と付け加えているので、本当に普段から遅刻しない人なのか?と疑問に思われてしまうかもしれません。文末に言葉を付け加えると話の内容によっては印象が異なるケースもあるのです。

日常会話でusuallyやalwaysを文頭に使うことはあまりありません。最も多く使う位置は1つ目の例文の基本の使い方です。

PR:【30日間全額返金】ライザップがTOEICにコミット!ライザップイングリッシュ

Sponsored Links

おすすめの記事

willとbe going toの違いを天気の変化で解説!canとbe able toの違いも紹介!

even if/even though/even whenの意味と使い方の違いを例文で解説!

feel like doingの意味と使い方!英語で「~したい気分」を例文で解説!

leaveの意味と使い方!英語で「残す」を例文で解説!

take care ofの意味と使い方!別れ際の挨拶やlook afterとの違いを例文で解説!

間違いやすい大人英語大人英語

英単語は「思い出す」ことで覚えていく

created by Rinker
朝日新聞出版
¥979 (2024/05/19 21:55:49時点 Amazon調べ-詳細)
PR

英単語を覚える時は、「読む」「書く」「話す」の3ステップを繰り返すことが大切です。1度覚えた英単語を忘れてしまった場合は、この3ステップを繰り返して、もう1度「思い出す」ことで脳に記憶が定着していきます。

たとえば、動詞の「recommend [rèkəménd](勧める)」を覚えたい場合は次の通りです。

1.「読む」
「recommend」の正しい発音を発音記号やGoogle翻訳の音声機能などを使って確認してから、声に出して「recommend」を読んでみる。

2.「書く」
「recommend」のスペルと意味を覚えるまで書く。

3.「話す」
具体的なシチュエーションを想定して、「recommend」を使った英文を作り、独り言でも良いので話してみる。

たとえば、友人の行きつけの飲食店に連れて行ってもらった時に、おすすすめのメニューを聞くというシチュエーションを想定して、「What do you recommend?(あなたのおすすめは何ですか?)」という英文を作って話してみる。

そして、動詞の「recommend [rèkəménd](勧める)」を名詞の「recommendation [rèkəməndéɪʃən](推奨)」に変えたら、どのような英文になるのかを考えてみる。答えは「What’s your recommendation?(あなたのおすすめは何ですか?)」になります。

これで、動詞の「recommend」と名詞の「recommendation」の2つの英単語が覚えられたと思います。

しかし、大抵は数日経てば忘れてしまうものです。そこで諦めないで、再び「読む」「書く」「話す」の3ステップを繰り返すことが大切です。忘れてしまった英単語を「思い出す」ことで脳に記憶が定着していきます。

大人におすすめの英単語帳

created by Rinker
アイシーピー
¥1,320 (2024/05/20 11:00:21時点 Amazon調べ-詳細)
PR

アメリカの大学教授3名を含む15名のネイティヴが作った「暗記する価値のある英文」で、現代英語の重要単語1600語と重要熟語1000語が学べる。まずは標準レベルの英語力を身に付けたいという方におすすめ。

TOEIC(L&R)対策におすすめの英単語帳

created by Rinker
朝日新聞出版
¥979 (2024/05/19 21:55:49時点 Amazon調べ-詳細)
PR
created by Rinker
朝日新聞出版
¥979 (2024/05/20 09:13:36時点 Amazon調べ-詳細)
PR

「金のフレーズ」はTOEICが600点以上の方におすすめ。まだ自信がない方は、基礎固め編の「銀のフレーズ」から始めてみましょう。

高校生におすすめの英単語帳

created by Rinker
旺文社
¥1,210 (2024/05/20 11:00:22時点 Amazon調べ-詳細)
PR

大学入試に出題される可能性が高い順に英単語が載っている英単語帳。

中学生におすすめの英単語帳


高校入試に出題される可能性が高い順に英単語が載っている英単語帳。

【PR】TOEIC受験をサポート


TOEICのテストは、「TOEIC L&R(Lestening&Reading)」や「TOEIC S&W(Speaking&Writing)」などの種類がありますが、日本でTOEICと言うと一般的に「TOEIC L&R」を指します。

「TOEIC L&R」は、45分のリスニングテストと、75分のリーディングテストで構成されています。配点は、リスニングテスト495点とリーディングテスト495点を合わせて990点満点になります。

問題数は、リスニングテスト100問とリーディングテスト100問を合わせて、なんと200問もあります。200問を120分で答えていくわけですから、何の戦略もなく何となくテストを受けて良い点を取れるわけがないのです。

とは言え、「TOEIC L&R」は、英語を聞くテストと英文を読むテストだけなので、英語を話すことは問われません。出題の傾向を知っていれば対策できるはずです。

本気でTOEICのスコアアップを目指したいという方には、大手企業のリクルート社が提供する「スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン」をお勧めします。

パーソナルコーチプランでは、いつ、何をやれば良いかを明確にした一人ひとりの学習プランを作成し、それを精鋭講師がチャットや音声通話でサポートしてくれます。気になる方は、TOEIC受験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【PR】あなたに合ったコースを選択

【PR】英会話スクールで直接レッスンを受けたい!


「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方には、大手英会話スクール「駅前留学のNOVA」をお勧めします。

オンライン会話や英会話アプリなどは、学習する場所と時間を問わないのでとても便利ですが、その反面、自発的な学習意欲がなければ続かないこともあります。英会話スクールに通う事を生活の一部にしてしまえば、通う事自体がひとつの楽しみになり、生活もより充実したものになることでしょう。

NOVAの全ての講師は、教える言語を母国語とするネイティヴスピーカーなので、クオリティー面は信頼できます。レッスンは最大4人までの少人数制なので、本物の使える英語が会話で身につきます。駅の近くにお住まいの方や、普段から通勤・通学で電車をご利用の方などは、「駅前留学のNOVA」を活用してみてはいかがでしょうか。

3歳からのこども英会話 NOVAバイリンガルKIDS」も開講中!

Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /