疑問詞+不定詞(to+動詞の原形)の使い方は、主に2つのポイントがあります。

1つ目は、「何を~するべきか」という訳し方に特徴があることです。

2つ目は、「疑問詞+不定詞(to+動詞の原形)」を言葉のかたまりとしてとらえるということです。

今回の記事では、「what to do」「how to do」「where to do」「when to do」「which 名詞 to do」の使い方を例文で解説していきます。

Sponsored Links  

what to do「何をするべきか」

I didn’t know what to say to him.
 
私は彼に何を言うべきか分からなかった。

what to doは「何をするべきか」という意味になります。直訳すると「何をする」になりますが、これだけでは日本語に訳した時に伝わりにくいので、疑問詞+不定詞は「何を~するべきか」と訳すことが多い。

「what + to 動詞の原形」をかたまりとして扱うのが疑問詞+不定詞の使い方です。

疑問詞+不定詞の使い方は、「何を~するべきか」という訳し方の特徴と、「疑問詞 + to 動詞の原形」をかたまりとして扱うという2つのポイントを押さえておきましょう。

Sponsored Links

例文では、what to say(何を言うべきか)という部分が疑問詞+不定詞のかたまりになっています。

I didn’t know(私は分からなかった)という内容から分かるように、この例文は過去の出来事について言っていますが、不定詞は「to+動詞の原形」になるので、what to say(何を言うべきか)のsayは、過去形ではなく動詞の原形になります。

<例文>

We didn’t know what to do.
(私たちはどうすべきか分かりませんでした。)

I told her what to see in Kyoto.
(私は彼女に京都で何を見るべきかを話しました。)

疑問詞-不定詞-to-動詞の原形-what-to-do-how-to-do-使い方-例文-画像1

how to do「どのようにするべきか」

I didn’t know how to cook that dish.
 
私はその料理の作り方が分からなかった。

how to doは「どのようにするべきか」という意味になります。how to doを直訳すると「どのようにする」になりますが、これだけだと日本語訳として不十分なので「どのようにするべきか」と訳すことが多い。

特にhow to doは「~のやり方」という簡潔な訳し方で使われることがあります。

例文では、I didn’t know(私は分からなかった)という過去の出来事について言っていますが、how to cook(料理の作り方)のcookは動詞の原形になります。

疑問詞+不定詞のかたまりは、必ず「不定詞=to+動詞の原形」になるのがポイントです。

<例文>

Please tell me how to play that game.
(そのゲームの遊び方を教えてください。)

The coach taught him how to swim.
(コーチは彼に泳ぎ方を教えた。)

Sponsored Links

where to do「どこでするべきか」

I didn’t know where to buy the ticket.
 
私は切符をどこで買うべきか分からなかった。

where to doは「どこでするべきか」という意味になります。where to doを直訳すると「どこでする」という意味になりますが、それだけでは伝わりににくいので「どこでするべきか」と訳すことが多い。

where to doの使い方も、what to doやhow to doと同じように、「何を~するべきか」という訳し方の特徴と、疑問詞+不定詞のかたまりでとらえることがポイントです。

where to buyを言葉のかたまりとしてとらえて「どこで買うべきか」という意味になります。

不定詞は「to+動詞の原形」になるので、過去の出来事を言っている内容でもwhere to buyのbuyは動詞の原形になります。

<例文>

I decided where to start.
(私はどこで始めるべきか決めました。)

I didn’t know where to sit.
(私はどこに座るべきか分からなかった。)

疑問詞-不定詞-to-動詞の原形-what-to-do-how-to-do-使い方-例文-画像2

when to do「いつするべきか」

I don’t know when to go to her house.
 
私は彼女の家にいつ行くべきか分からない。

例文のwhen to goは、「いつ行くべきか」という意味になります。

「when to do」の基本的な使い方は、「what to do」「how to do」「where to do」と同じで、「疑問詞+to 動詞の原形」という形になります。

<例文>

I don’t know when to call him.
(私は彼にいつ電話するべきか分からない。)

She didn’t know when to start.
(彼女はいつ始めるべきか分からなかった。)

which(名詞)to do「どちらの(名詞)を~するべきか」

I didn’t know which way to go.
 
私はどちらの道に行くするべきか分からなかった。

「疑問詞+不定詞」の使い方は、疑問詞が変わっても基本的には同じなのですが、whichだけは使い方に少し違いがあります。

which to doは「どちらを~するべきか」という意味になりますが、whichの場合は名詞を間に挟むパターンがあって、which 名詞 to doで「どちらの名詞を~するべきか」という意味になります。

例文では、which way(名詞) to goで、「どちらの道に行くするべきか」という意味のかたまりになっています。

<例文>

I don’t know which one to choose.
(私はどちらを選ぶべきか分かりません。)

I don’t know which bus to take.
(私はどちらのバスに乗るべきか分かりません。)

Sponsored Links

おすすめの記事

shouldとmustの意味と使い方!should notとmust notの違いを解説!

look+形容詞の意味は「~に見える」使い方を例文で解説!

中学英語の比較級を使った例文を紹介!Whichを使った比較表現の疑問文も解説!

過去進行形と過去形の違いは?疑問文と否定文の使い方も例文で解説!

some/somethingとany/anythingの違いと使い分け!意味と使い方を例文で解説!

>>>英語を話せるようになりたい方へアドバイス

Sponsored Links

Check!≫ スマホで学べるオススメ英会話

「スタディサプリ」は、「ゼクシィ」や「カーセンサー」などでお馴染みの大手企業のリクルート社が手掛ける英語学習サービスです。

「スタディサプリ」の最大の特徴は「利便性の高さ」です。暮らしでこんなサービスがあったらイイなを実現するサポート型のプログラムと言えます。最新音声認識技術を使った会話シミュレーションで自分の発音をチェックできたり、ドラマ仕立てのレッスンで日常英会話で必要な表現を楽しみながら学ぶこともできます。

「日常英会話ができるようになりたい」「TOEICで効率良くスコアアップしたい」「入試・受験で活用したい」など、それぞれの目的に合った学習プランが充実しています。通学/予約が必要なく、スマホさえあればちょっとした空き時間や移動時間でも、手軽に活用できる便利な英会話サービスです。

1日33円からできるリーズナブルな価格設定なので、いつもの英語学習をサポートするアイテムとして手軽に始められます。1回3分の短いレッスン動画から始められるので、多忙なビジネスマンや主婦、部活が忙しい受験生などにお勧めです。

あなたに合ったコースを選択

 

あなたに合った学習方法を選択

英語をしっかり勉強したい方のために、大手英会話スクールや今人気の英語学習プログラムなどを紹介します。

英語学習は、英会話スクールやオンライン英会話など学び方は様々です。あなたのライフスタイルに合ったプログラムを選んで、英語の習得に役立てましょう!

 
【英会話スクール】駅前留学のNOVA

 「NOVA」は、日本最大級の校舎数を誇る英会話スクールです。「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方にお勧めです。
NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカーなので、クオリティー面も安心です。
レッスンは最大4人までの少人数制なので、本物の使える英語が身につきます。

 
【通信教育】Z会

 「Z会」は、幼児から大学受験まで幅広いコースを展開する通信教育です。東大、京大をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績があります。
自宅にいながら、Z会講師の質の高い授業を受講できます。丁寧な添削指導で、通信教育であってもお子さま一人ひとりに合わせた指導が可能です。
お子さまに必要な「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できます。

 
【オンライン英会話】ネイティブキャンプ

 「ネイティブキャンプ」は、初級者から上級者まですべてをカバーするオンライン英会話です。予約不要なので24時間365日好きな時にレッスンができます。
初めのうちは英語圏国民のような完璧な英語を目指す前に、約1500程度の英単語を軸に、確実に自分の意思が相手に伝わる「グローバルイングリッシュ」を学んでいきます。
英会話初心者から日常会話に問題のないTOEICハイスコアを目指す上級者まで、それぞれのレベルで自由にカリキュラムが組めるので、あなたのレベルに合った授業を受けることができます。

 
【語学留学】School With

 「School With」は日本最大級の留学総合サイトです。英語圏の8カ国を中心に一人ひとりに合った留学先をご提案しています。
留学経験者の口コミが多数掲載されているので、自分にあった留学先を見つけるための情報がとても豊富です。「オススメの国都市診断」や「フィリピン学校診断」など診断機能があるので、自分にあった留学先がすぐに見つかります。

Sponsored Links