ought toとshouldの違い!意味と使い方を例文で解説!

「should」と「ought to」は、どちらも「~すべきである」という意味の言葉ですが、それぞれの言葉が持つニュアンスに違いがあります。

日常会話では、「ought to」よりも圧倒的に「should」の方が使う頻度が高いのですが、書面などで「ought to」を見かけることもあるので、ニュアンスの違いや使い方について知っておく必要があります。

Sponsored Links

「should」と「ought to」のニュアンスの違い

「should」・・・自分の気持ちをのせて主観的に「~すべきである」と伝える。
口語でも書面でもよく使う一般的な表現。

「ought to」・・・中立的な意見として客観的に「~すべきである」と伝える。
shouldと比べるとought toは使うことが少ない。書面で使われることがある。

簡単に言うと、以上の内容が「should」と「ought to」の違いになります。「should」と「ought to」は、どちらも「~すべきである」という意味の言葉で、相手対しての義務や助言を表します。

助動詞の役割は、文字通り動詞を助ける働きがあります。助動詞のshouldは、その後に続く動詞に対して「~すべきだ」「~したほうがいいよ」と自分の気持ちをのせて表現することができます。ですから、shouldは自分の気持ちが含まれる主観的な表現と言えます。

Sponsored Links

一方、「ought to do」は、oughtの後にto不定詞が続きます。すると、客観的に物事を言う通常の英文になります。中立的な意見として「~すべきである」というニュアンスになります。このように、shouldは「主観的な気持ちをのせる」、ought toは「客観的な意見」というニュアンスの違いがあります。

それでは、「should」と「ought to」の具体的な使い方を例文で確認していきましょう。

ought-to-should-違い-意味-使い方-例文-画像1

「should」と「ought to」の使い方

例文①:You should see Kaminari-mon gate when you come to Tokyo.
 
東京に来たら雷門を見たほうがいいよ。

例文②:You ought to see Kaminari-mon gate when you come to Tokyo.
 
東京に来たら雷門を見たほうがいいよ。

「should」と「ought to」の使い方のポイントは、どちらも、その後に動詞の原形が続くということです。ただし、同じ動詞の原形でも「ought to」の場合は、to不定詞であるということを理解しておきましょう。

Sponsored Links

「should」を使った例文①は、「雷門を見たほうがいいよ」と自分の気持ちをのせて相手にアドバイスしています。それほど強い言い方ではなく軽く助言しているニュアンスです。このように相手に何かをお勧めしたい時に「should」を使うことはとても多いです。使い方のポイントは主観的な気持ちが含まれた表現であるということです。日常会話でも使いますし、書面や看板などで文字の表現でも使います。

ought-to-should-違い-意味-使い方-例文-画像2

「ought to」を使った例文②は、実は日常会話でこのような言い方はあまりしません。そもそも誰かに何かをお勧めしたい時は、通常は自分の気持ちを含んだ主観的な言い方になることが多いです。ですから、客観的な意見の「ought to」よりも、主観的な気持ちをのせた「should」の方が多く使われる傾向があります。

「ought to」は、中立的な立場で物事を客観的に「~すべきである」と言いたい時に使います。たとえば、小説の中の登場人物の心情を作者が文字で客観的に表現していたり、公的な場所でのスピーチで、中立的な意見として「~すべきである」と述べたりする時に「ought to」を使うことがあります。そう考えると、やはり「should」と比べて「ought to」は使う頻度は低いと言えます。

相手に「~したほうが良い」と言いたい時に使う言葉で「had better」という表現もあります。「had better」と「should」の違いについて書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

合わせて読みたい
had better(not)の意味と使い方!shouldとの違い
had-better-not-意味-使い方-should-違い-例文-画像1今回は、「had better」と「had better not」の意味と使い方についてです。これらの表現は、「~した方が良い」と軽く命令するようなきつい表現なので、他人言う時は、使う場面や自分の立場をよく考える必要があります。
似たような訳し方をする表現に助動詞のshouldがありますが、had betterやhad better notとは、相手に与える印象に違いがあります…

 

【30日間全額返金】ライザップがTOEICにコミット!ライザップイングリッシュ

Sponsored Links

おすすめの記事

「in order that」「so that」接続詞の意味と使い方!「in order to」の違いを例文で解説!

「pay attention to」の意味と使い方を例文で解説!

convinceとpersuadeの違い!意味と使い方を例文で解説!

「make the most of」「make the best of」の違い!意味と使い方を例文で解説!

「seem to have 過去分詞」の意味と訳し方!「seem to be」との使い方の違いを例文で解説!

高校英語高校英文法・構文

英単語は「思い出す」ことで覚えていく

created by Rinker
旺文社
¥1,210 (2023/01/28 08:06:45時点 Amazon調べ-詳細)

英単語を覚える時は、「読む」「書く」「話す」の3ステップを繰り返すことが大切です。1度覚えた英単語を忘れてしまった場合は、この3ステップを繰り返して、もう1度「思い出す」ことで脳に記憶が定着していきます。

たとえば、動詞の「recommend [rèkəménd](勧める)」を覚えたい場合は次の通りです。

1.「読む」
「recommend」の正しい発音を発音記号やGoogle翻訳の音声機能などを使って確認してから、声に出して「recommend」を読んでみる。

2.「書く」
「recommend」のスペルと意味を覚えるまで書く。

3.「話す」
具体的なシチュエーションを想定して、「recommend」を使った英文を作り、独り言でも良いので話してみる。

たとえば、友人の行きつけの飲食店に連れて行ってもらった時に、おすすすめのメニューを聞くというシチュエーションを想定して、「What do you recommend?(あなたのおすすめは何ですか?)」という英文を作って話してみる。

そして、動詞の「recommend [rèkəménd](勧める)」を名詞の「recommendation [rèkəməndéɪʃən](推奨)」に変えたら、どのような英文になるのかを考えてみる。答えは「What’s your recommendation?(あなたのおすすめは何ですか?)」になります。

これで、動詞の「recommend」と名詞の「recommendation」の2つの英単語が覚えられたと思います。

しかし、大抵は数日経てば忘れてしまうものです。そこで諦めないで、再び「読む」「書く」「話す」の3ステップを繰り返すことが大切です。忘れてしまった英単語を「思い出す」ことで脳に記憶が定着していきます。

大人におすすめの英単語帳

created by Rinker
アイシーピー
¥1,320 (2023/01/28 08:06:32時点 Amazon調べ-詳細)

アメリカの大学教授3名を含む15名のネイティヴが作った「暗記する価値のある英文」で、現代英語の重要単語1600語と重要熟語1000語が学べる。まずは標準レベルの英語力を身に付けたいという方におすすめ。

TOEIC(L&R)対策におすすめの英単語帳

created by Rinker
朝日新聞出版
¥979 (2023/01/28 19:14:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
朝日新聞出版
¥979 (2023/01/28 04:12:57時点 Amazon調べ-詳細)

「金のフレーズ」はTOEICが600点以上の方におすすめ。まだ自信がない方は、基礎固め編の「銀のフレーズ」から始めてみましょう。

高校生におすすめの英単語帳

created by Rinker
旺文社
¥1,210 (2023/01/28 08:06:45時点 Amazon調べ-詳細)

大学入試に出題される可能性が高い順に英単語が載っている英単語帳。

中学生におすすめの英単語帳


高校入試に出題される可能性が高い順に英単語が載っている英単語帳。

【PR】TOEICを何となく受ける前に…


大学受験はしっかり傾向と対策を立てて勉強するのに、なぜかTOEICは何の対策も立てずに何となく受けてしまう人が多いように思えます。

「TOEIC L&R」は、リスニングテストとリーディングテストを合わせて、120分で200問も解かなくてはいけない難問です。何の準備もせずにテストを受ければ、全問回答する前にテスト時間が終わってしまうことも有り得ます。

「TOEIC L&R」は、英語を聞くテストと英文を読むテストだけなので、英語を話すことは問われません。ですから、出題の傾向を知っていれば対策できるはずです。特にリーディングテストは、自分のペースで回答できるので、事前に出題形式を知っていれば、ペース配分を組み立てやすいです。

本気でTOEICのスコアアップを目指したいという方には、大手企業のリクルート社が提供する「スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン」をお勧めします。

パーソナルコーチプランでは、いつ、何をやれば良いかを明確にした一人ひとりの学習プランを作成し、それを精鋭講師がチャットや音声通話でサポートしてくれます。気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

あなたに合ったコースを選択
Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
基礎からはじめる英語学習