「should」と「ought to」は、どちらも「~すべきである」という意味の言葉ですが、それぞれの言葉が持つニュアンスに違いがあります。

日常会話では、「ought to」よりも圧倒的に「should」の方が使う頻度が高いのですが、書面などで「ought to」を見かけることもあるので、ニュアンスの違いや使い方について知っておく必要があります。

Sponsored Links  

「should」と「ought to」のニュアンスの違い

「should」・・・自分の気持ちをのせて主観的に「~すべきである」と伝える。
口語でも書面でもよく使う一般的な表現。

「ought to」・・・中立的な意見として客観的に「~すべきである」と伝える。
shouldと比べるとought toは使うことが少ない。書面で使われることがある。

簡単に言うと、以上の内容が「should」と「ought to」の違いになります。「should」と「ought to」は、どちらも「~すべきである」という意味の言葉で、相手対しての義務や助言を表します。

助動詞の役割は、文字通り動詞を助ける働きがあります。助動詞のshouldは、その後に続く動詞に対して「~すべきだ」「~したほうがいいよ」と自分の気持ちをのせて表現することができます。ですから、shouldは自分の気持ちが含まれる主観的な表現と言えます。

Sponsored Links

一方、「ought to do」は、oughtの後にto不定詞が続きます。すると、客観的に物事を言う通常の英文になります。中立的な意見として「~すべきである」というニュアンスになります。このように、shouldは「主観的な気持ちをのせる」、ought toは「客観的な意見」というニュアンスの違いがあります。

それでは、「should」と「ought to」の具体的な使い方を例文で確認していきましょう。

ought-to-should-違い-意味-使い方-例文-画像1

「should」と「ought to」の使い方

例文①:You should see Kaminari-mon gate when you come to Tokyo.
 
東京に来たら雷門を見たほうがいいよ。

例文②:You ought to see Kaminari-mon gate when you come to Tokyo.
 
東京に来たら雷門を見たほうがいいよ。

「should」と「ought to」の使い方のポイントは、どちらも、その後に動詞の原形が続くということです。ただし、同じ動詞の原形でも「ought to」の場合は、to不定詞であるということを理解しておきましょう。

Sponsored Links

「should」を使った例文①は、「雷門を見たほうがいいよ」と自分の気持ちをのせて相手にアドバイスしています。それほど強い言い方ではなく軽く助言しているニュアンスです。このように相手に何かをお勧めしたい時に「should」を使うことはとても多いです。使い方のポイントは主観的な気持ちが含まれた表現であるということです。日常会話でも使いますし、書面や看板などで文字の表現でも使います。

ought-to-should-違い-意味-使い方-例文-画像2

「ought to」を使った例文②は、実は日常会話でこのような言い方はあまりしません。そもそも誰かに何かをお勧めしたい時は、通常は自分の気持ちを含んだ主観的な言い方になることが多いです。ですから、客観的な意見の「ought to」よりも、主観的な気持ちをのせた「should」の方が多く使われる傾向があります。

「ought to」は、中立的な立場で物事を客観的に「~すべきである」と言いたい時に使います。たとえば、小説の中の登場人物の心情を作者が文字で客観的に表現していたり、公的な場所でのスピーチで、中立的な意見として「~すべきである」と述べたりする時に「ought to」を使うことがあります。そう考えると、やはり「should」と比べて「ought to」は使う頻度は低いと言えます。

相手に「~したほうが良い」と言いたい時に使う言葉で「had better」という表現もあります。「had better」と「should」の違いについて書いた記事があるので、合わせてご覧ください。

合わせて読みたい
had better(not)の意味と使い方!shouldとの違い
had-better-not-意味-使い方-should-違い-例文-画像1今回は、「had better」と「had better not」の意味と使い方についてです。これらの表現は、「~した方が良い」と軽く命令するようなきつい表現なので、他人言う時は、使う場面や自分の立場をよく考える必要があります。
似たような訳し方をする表現に助動詞のshouldがありますが、had betterやhad better notとは、相手に与える印象に違いがあります…

 

Sponsored Links

おすすめの記事

「in order that」「so that」接続詞の意味と使い方!「in order to」の違いを例文で解説!

「pay attention to」の意味と使い方を例文で解説!

convinceとpersuadeの違い!意味と使い方を例文で解説!

「make the most of」「make the best of」の違い!意味と使い方を例文で解説!

「seem to have 過去分詞」の意味と訳し方!「seem to be」との使い方の違いを例文で解説!

>>>英語を話せるようになりたい方へアドバイス

Sponsored Links

Check!≫ 多忙な学習者をサポート


「スタディサプリ」は、「ゼクシィ」や「カーセンサー」などでお馴染みの大手企業のリクルート社が手掛ける英語学習サービスです。

「スタディサプリ」の最大の特徴は「利便性の高さ」です。暮らしでこんなサービスがあったらイイなを実現するサポート型のプログラムと言えます。最新音声認識技術を使った会話シミュレーションで自分の発音をチェックできたり、ドラマ仕立てのレッスンで日常英会話で必要な表現を楽しみながら学ぶこともできます。

「日常英会話ができるようになりたい」「TOEICで効率良くスコアアップしたい」「入試・受験で活用したい」など、それぞれの目的に合った学習プランが充実しています。通学/予約が必要なく、スマホさえあればちょっとした空き時間や移動時間でも、手軽に活用できる便利な英会話サービスです。

1日33円からできるリーズナブルな価格設定なので、いつもの英語学習をサポートするアイテムとして手軽に始められます。1回3分の短いレッスン動画から始められるので、多忙なビジネスマンや主婦、部活が忙しい受験生などにお勧めです。

あなたに合ったコースを選択

 

おすすめの英会話プログラム

英語が話せるようになりたいけど、具体的に何から始めていけばよいのか分からない。そんな方は一度英会話プログラムを体験して、英語学習のコツを学ぶと効率が良くなります。

英語学習は、英会話スクールやオンライン英会話など学び方は様々です。あなたのライフスタイルに合ったプログラムを選んで、英語の習得に役立てましょう。

 
【オンライン英会話】ネイティブキャンプ

 オンライン英会話の「ネイティブキャンプ」は、芸能人による体験動画が様々なメディアで紹介されて、いっきに人気を集めたプログラムです。
「ネイティブキャンプ」の最大の特徴は「学習の楽しさ」です。アメリカ・イギリスなどのネイティブスピーカーや、英語運用能力が非常に高いフィリピン・セルビアなど世界100ヶ国以上の様々な国籍の講師が在籍しています。そんなバラエティ豊かな講師とオンラインで英会話レッスンが可能なので、まるで世界中の外国人とシェアハウスで話しているような楽しさがあります。
一口に英語と言っても各国で発音や言い回しが異なり様々な英語表現があります。いろいろな国籍の講師と英語で会話することは貴重な体験になることでしょう。無料レッスン体験があるので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 
【英会話スクール】駅前留学のNOVA

 「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方には、駅前留学でお馴染みの大手英会話スクール「NOVA」をお勧めします。
オンライン会話や英会話アプリなどは、学習する場所と時間を問わないのでとても便利ですが、その反面、自発的な学習意欲がなければ続かないこともあります。
英会話スクールに通う事を生活の一部にしてしまえば、通う事自体がひとつの楽しみになり、生活もより充実したものになることでしょう。
NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカーなので、クオリティー面も安心です。レッスンは最大4人までの少人数制なので、本物の使える英語が身につきます。駅の近くにお住まいの方や、普段から通勤・通学で電車をご利用の方など、駅前留学の「NOVA」を活用してみてはいかがでしょうか。

 
【通信教育】Z会

  「Z会」は、幼児から大学受験まで幅広いコースを展開する通信教育です。東大、京大をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績があります。
自宅にいながら、Z会講師の質の高い授業を受講できます。丁寧な添削指導で、通信教育であってもお子さま一人ひとりに合わせた指導が可能です。
教育改革によって知識量よりも思考力が重視される傾向があります。この変化をチャンスに変えるために、お子さまに必要な「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的な学習プログラムを提供しています。

 
【語学留学】School With

 「School With」は日本最大級の留学総合サイトです。アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、ニュージーランド、フィリピン、マルタなど、英語圏の8カ国を中心に一人ひとりに合った留学先の情報を提供しています。
「仕事」や「異国文化の体験」など、留学の目的によって学校の選び方は異なります。「School With」では、留学経験者の口コミが多数掲載されているので、同じ目的で留学している人が多い学校を探すことができます。中にはTOEICの試験対策コースがある学校もあります。
留学する国よって文化、訛り、物価などが異なります。なかなか留学先が決められない場合は「オススメの国・都市診断」機能を使うと便利です。

Sponsored Links