「can be 過去分詞」「will be 過去分詞」の意味と使い方!助動詞の受動態を例文で解説!

今回は、「can be 過去分詞」や「will be 過去分詞」など、助動詞を使った受動態の意味と使い方について例文で解説していきます。

助動詞の受動態は、使い方のポイントさえ押さえてしまえば、とても簡単です。まずは基本となる使い方のポイントを確認していきましょう。

Sponsored Links

助動詞を使った受動態のポイント

<通常の受動態>
be動詞 + 過去分詞

<助動詞を使った受動態>
助動詞 + be + 過去分詞

通常の受動態は「be動詞 + 過去分詞」というかたちになりますが、助動詞を使った受動態は「助動詞 + be + 過去分詞」というかたちになります。使い方のポイントは、助動詞の後ろには必ずbe動詞の原形の「be」を使うという点です。

助動詞の後ろにくる動詞は、必ず動詞の原形になるというルールがあるので、be動詞の場合も例外無くbe動詞の原形の「be」を使います。

「can be 過去分詞」「will be 過去分詞」「must be 過去分詞」「may be 過去分詞」このように、どんな助動詞を使っても、助動詞の後ろには「be」を使います。

Sponsored Links

助動詞を使った受動態の英文をそのまま直訳していまうと、不自然な和訳になってしまうので、訳し方に注意が必要です。

それでは、助動詞を使った受動態の使い方を例文で1つひとつ確認していきましょう。

can-be-過去分詞-will-be-過去分詞-意味-使い方-助動詞-受動態-例文-画像2

「can be 過去分詞」の使い方

Mt. Fuji can be seen from my house.
 
富士山が私の家から見えます。

この例文は、助動詞のcanを使った「can be 過去分詞」のかたちになる受動態の表現になっています。助動詞のcanの後には必ず「be」を使うことがポイントです。

例文を直訳すると「富士山は私の家から見られることができます」という受け身の意味になりますが、より自然な和訳で「富士山が私の家から見えます」という意味になっています。

Sponsored Links

富士山などの「物」を主語にした場合は、「物」が何かをsee(見る)ことはできないので、どうしてもbe seen(見られる)のように受け身の表現にならざるおえません。例文では、そこに助動詞のcan(できる)を加えて、can be seen(見られることができる)という使い方になっています。

英語は「人」を中心に考えた表現が多いので、日常会話では、主語が「物」ではなく「人」になる表現の、I can see Mt. Fuji from my house.(私は家から富士山を見ることができます。)という言い方をすることの方が多いと思いますが、助動詞を使った受動態の表現もあることを知っておいても損はないと思います。

can-be-過去分詞-will-be-過去分詞-意味-使い方-助動詞-受動態-例文-画像1

「will be 過去分詞」の使い方

This bicycle will be repaired by my father.
 
この自転車は私の父によって修理されるでしょう。

この例文は、助動詞のwillを使った「will be 過去分詞」のかたちの受動態になっています。助動詞のwillの後には必ず「be」を使うことがポイントです。

例文では、「will be repaired」を使って、この自転車は私の父によって「修理されるだろう」と言っています。「can be 過去分詞」の場合は訳し方に注意が必要でしたが、「will be 過去分詞」の場合は、直訳してもそれほど不自然な日本語にならないので問題ないと思います。

willを使った受動態の場合も、自転車などの「物」が主語になった時に受身表現になりやすいということを覚えておくと良いでしょう。

今回の記事では、高校英語で助動詞を使った受動態について学習するので、「will be 過去分詞」の例文を紹介しましたが、実際の会話では受け身表現よりも、My father will repair this bicycle.(私の父がその自転車を修理します。)のように能動態で言うことの方が多いです。

助動詞を使った受動態のポイントは、助動詞の後ろは必ず「be」を使うことと、自然な和訳にすることの2つのことを覚えておきましょう。

便利な英会話アプリはこちらです⇒ スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

Sponsored Links

おすすめの記事

enough toの意味と使い方!so that構文の書き換えを例文で解説!

oneselfの意味と使い方!強調用法や前置詞を使った熟語などを例文で解説!

「seem to have 過去分詞」の意味と訳し方!「seem to be」との使い方の違いを例文で解説!

「the number of」と「a number of」の使い分け(複数形・単数形)使い方の違いを例文で解説!

suit/match/go withの違いと使い分け!英語で「似合う」の使い方を例文で解説!

>>>英語を話せるようになりたい方へアドバイス

【PR】TOEICを何となく受ける前に…


大学受験はしっかり傾向と対策を立てて勉強するのに、なぜかTOEICは何の対策も立てずに何となく受けてしまう人が多いように思えます。

「TOEIC L&R」は、リスニングテストとリーディングテストを合わせて、120分で200問も解かなくてはいけない難問です。何の準備もせずにテストを受ければ、全問回答する前にテスト時間が終わってしまうことも有り得ます。

「TOEIC L&R」は、英語を聞くテストと英文を読むテストだけなので、英語を話すことは問われません。ですから、出題の傾向を知っていれば対策できるはずです。特にリーディングテストは、自分のペースで回答できるので、事前に出題形式を知っていれば、ペース配分を組み立てやすいです。

本気でTOEICのスコアアップを目指したいという方には、大手企業のリクルート社が提供する「スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン」をお勧めします。

パーソナルコーチプランでは、いつ、何をやれば良いかを明確にした一人ひとりの学習プランを作成し、それを精鋭講師がチャットや音声通話でサポートしてくれます。気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

あなたに合ったコースを選択

 

【PR】学び方いろいろ

英語が話せるようになりたいけど、具体的に何から始めていけばよいのか分からない。そんな方は一度英会話プログラムを体験して、英語学習のコツを学ぶと効率が良くなります。

英語学習は、英会話スクールやオンライン英会話など学び方は様々です。あなたのライフスタイルに合ったプログラムを選んで、英語の習得に役立てましょう。

【オンライン英会話】ネイティブキャンプ

 オンライン英会話の「ネイティブキャンプ」は、芸能人による体験動画が様々なメディアで紹介されて、いっきに人気を集めたプログラムです。
「ネイティブキャンプ」の最大の特徴は「学習の楽しさ」です。アメリカ・イギリスなどのネイティブスピーカーや、英語運用能力が非常に高いフィリピン・セルビアなど世界100ヶ国以上の様々な国籍の講師が在籍しています。そんなバラエティ豊かな講師とオンラインで英会話レッスンが可能なので、まるで世界中の外国人とシェアハウスで話しているような楽しさがあります。
一口に英語と言っても各国で発音や言い回しが異なり様々な英語表現があります。いろいろな国籍の講師と英語で会話することは貴重な体験になることでしょう。無料レッスン体験があるので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

【通信教育】Z会

  「Z会」は、幼児から大学受験まで幅広いコースを展開する通信教育です。東大、京大をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績があります。
自宅にいながら、Z会講師の質の高い授業を受講できます。丁寧な添削指導で、通信教育であってもお子さま一人ひとりに合わせた指導が可能です。
教育改革によって知識量よりも思考力が重視される傾向があります。この変化をチャンスに変えるために、お子さまに必要な「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的な学習プログラムを提供しています。

【英会話スクール】駅前留学のNOVA

 「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方には、駅前留学でお馴染みの大手英会話スクール「NOVA」をお勧めします。
オンライン会話や英会話アプリなどは、学習する場所と時間を問わないのでとても便利ですが、その反面、自発的な学習意欲がなければ続かないこともあります。
英会話スクールに通う事を生活の一部にしてしまえば、通う事自体がひとつの楽しみになり、生活もより充実したものになることでしょう。
NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカーなので、クオリティー面も安心です。レッスンは最大4人までの少人数制なので、本物の使える英語が身につきます。駅の近くにお住まいの方や、普段から通勤・通学で電車をご利用の方など、駅前留学の「NOVA」を活用してみてはいかがでしょうか。

通えない方のためにLIVE配信のオンライン英会話も開講しています⇒NOVAの外国人講師がオンラインでレッスンを生配信!

Sponsored Links

高校英語高校英文法・構文
\ よろしければシェアお願いします /
基礎からはじめる英語学習