had better(not)の意味と使い方!shouldとの違いを例文で解説!

今回は、「had better」と「had better not」の意味と使い方についてです。

これらの表現は、「~した方が良い」と軽く命令するようなきつい表現なので、他人言う時は、使う場面や自分の立場をよく考える必要があります。

似たような訳し方をする表現に助動詞のshouldがありますが、had betterやhad better notとは、相手に与える印象に違いがあります。

これらのニュアンスの違いについても例文で確認していきましょう。

Sponsored Links

「had better」の意味と使い方

I‘d better bring an umbrella.
 
傘を持っていった方が良い。

had better~は、「~した方が良い」という意味になります。had betterの後には動詞の原形がくるのが基本のかたちです。(had better 動詞の原形)

例文の「I’d」は「I had」を短縮した口語表現です。この例文では、主語がI(私)なので、自分に対して「傘持っていかなくちゃ。」と言い聞かせるような使い方になります。

Sponsored Links

主語がI(私)の場合は問題ありませんが、had betterは、やや上から目線の軽い命令のようなニュアンスがあるので、主語が自分以外の場合は注意が必要です。

たとえば、You’d better bring an umbrella.(あなたは傘を持っていったほうがいい。)と言うと、まるで親が子供に対して上から口うるさく「~した方が良い」と言っているようなニュアンスになります。

友人に対して、「傘を持っていった方が良いよ。」とアドバイスするには、助動詞のshouldを使って、You should bring an umbrella.の方が自然な使い方です。

<例文>

It’s late, I’d better go.
(遅れてる、行ったほうが良い。)

We’d better get back to the room.
(私たちは部屋に戻った方が良い。)

You’d better tell him everything.
(あなたは彼に全てを伝えた方が良い。)

had-better-not-意味-使い方-should-違い-例文-画像1

「had better」「should」「ought to」の違い

「had better」「should」「ought to」は、3つとも「~した方が良い」という意味になりますが、それぞれがもつニュアンンスには違いがあります。

「should」と「ought to」は、それほど大きな違いはありませんが、「had better」はやや上から目線の言い方になります。

「should」と「ought to」は、友人などにアドバイスする時に使える言葉です。shouldの場合は、「こっちの方が良いよ。」と自分の気持ちを使える感じです。

ought toの場合は、「こっちの方が良いんじゃないかな。」と、shouldよりも客観性がある表現ですが、ほぼ同じようなニュアンスです。

しかし、「had better」は、上から目線で相手に物言いをするような言い方なので、軽く命令しているような印象になります。better(より良い)を使っているので、「そっちよりもこっちの方が良い。」とはっきり言っています。

had betterは相手に軽く命令するような意味合いがあるので、自分の立場と使う時のシチュエーションに注意が必要です。

「had better」「should」「ought to」を否定文にする時は、「had better not」「should not」「ought not to」になります。

Sponsored Links

「had better not」の意味と使い方

I‘d better not stay late at night.
 
夜更かししない方が良い。

had better notは、「~しない方が良い」という意味になります。had better notの使い方のポイントは、notの位置と訳し方です。

had betterの後には動詞の原形がくるのが基本のかたちですが、notの位置はその動詞の前になります。(had better not 動詞の原形)

また、否定文だからといって「良くない」わけではない。「~しない方が良い」という意味になるので、訳し方に注意しましょう。

例文では、自分自身「夜更かしない方が良い。」と言い聞かせるような使い方です。明日は朝早く起きなくてはいけない大事な予定があって、しっかりと自分に言い聞かせているようなイメージです。

had better notの場合も、had betterと同様に、上から目線の軽い命令口調になるので、他人に使う場合は、自分の立場と言う場面に注意が必要です。

had-better-not-意味-使い方-should-違い-例文-画像2

<例文>

I’d better not eat too much.
(食べ過ぎない方が良い。)

I’d better not watch TV all night.
(一晩中テレビを見ない方が良い。)

I have to study. I’d better not go to the party.
(勉強しなくてはならない。パーティーに行かない方が良い。)

便利な英会話アプリはこちらです⇒ スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

Sponsored Links

おすすめの記事

I think that~の意味は「私は~だと思う」意見を詳しく伝える英語表現を例文で解説!

whicheverとwhateverの違い!意味や使い方、言い換えなどを例文で解説!

tooとveryの違いと使い分け!比較級はerとmore以外にも不規則に変化する形容詞がある!

have been toとhave gone toの違いと使い分け!経験/完了の訳し方を例文で解説!

toとforの使い分けは動詞に違いがある!前置詞の使い方を例文で解説!

>>>英語を話せるようになりたい方へアドバイス

【PR】TOEICを何となく受ける前に…


大学受験はしっかり傾向と対策を立てて勉強するのに、なぜかTOEICは何の対策も立てずに何となく受けてしまう人が多いように思えます。

「TOEIC L&R」は、リスニングテストとリーディングテストを合わせて、120分で200問も解かなくてはいけない難問です。何の準備もせずにテストを受ければ、全問回答する前にテスト時間が終わってしまうことも有り得ます。

「TOEIC L&R」は、英語を聞くテストと英文を読むテストだけなので、英語を話すことは問われません。ですから、出題の傾向を知っていれば対策できるはずです。特にリーディングテストは、自分のペースで回答できるので、事前に出題形式を知っていれば、ペース配分を組み立てやすいです。

本気でTOEICのスコアアップを目指したいという方には、大手企業のリクルート社が提供する「スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン」をお勧めします。

パーソナルコーチプランでは、いつ、何をやれば良いかを明確にした一人ひとりの学習プランを作成し、それを精鋭講師がチャットや音声通話でサポートしてくれます。気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

あなたに合ったコースを選択

 

【PR】学び方いろいろ

英語が話せるようになりたいけど、具体的に何から始めていけばよいのか分からない。そんな方は一度英会話プログラムを体験して、英語学習のコツを学ぶと効率が良くなります。

英語学習は、英会話スクールやオンライン英会話など学び方は様々です。あなたのライフスタイルに合ったプログラムを選んで、英語の習得に役立てましょう。

【オンライン英会話】ネイティブキャンプ

 オンライン英会話の「ネイティブキャンプ」は、芸能人による体験動画が様々なメディアで紹介されて、いっきに人気を集めたプログラムです。
「ネイティブキャンプ」の最大の特徴は「学習の楽しさ」です。アメリカ・イギリスなどのネイティブスピーカーや、英語運用能力が非常に高いフィリピン・セルビアなど世界100ヶ国以上の様々な国籍の講師が在籍しています。そんなバラエティ豊かな講師とオンラインで英会話レッスンが可能なので、まるで世界中の外国人とシェアハウスで話しているような楽しさがあります。
一口に英語と言っても各国で発音や言い回しが異なり様々な英語表現があります。いろいろな国籍の講師と英語で会話することは貴重な体験になることでしょう。無料レッスン体験があるので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

【通信教育】Z会

  「Z会」は、幼児から大学受験まで幅広いコースを展開する通信教育です。東大、京大をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績があります。
自宅にいながら、Z会講師の質の高い授業を受講できます。丁寧な添削指導で、通信教育であってもお子さま一人ひとりに合わせた指導が可能です。
教育改革によって知識量よりも思考力が重視される傾向があります。この変化をチャンスに変えるために、お子さまに必要な「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的な学習プログラムを提供しています。

【英会話スクール】駅前留学のNOVA

 「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方には、駅前留学でお馴染みの大手英会話スクール「NOVA」をお勧めします。
オンライン会話や英会話アプリなどは、学習する場所と時間を問わないのでとても便利ですが、その反面、自発的な学習意欲がなければ続かないこともあります。
英会話スクールに通う事を生活の一部にしてしまえば、通う事自体がひとつの楽しみになり、生活もより充実したものになることでしょう。
NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカーなので、クオリティー面も安心です。レッスンは最大4人までの少人数制なので、本物の使える英語が身につきます。駅の近くにお住まいの方や、普段から通勤・通学で電車をご利用の方など、駅前留学の「NOVA」を活用してみてはいかがでしょうか。

通えない方のためにLIVE配信のオンライン英会話も開講しています⇒NOVAの外国人講師がオンラインでレッスンを生配信!

Sponsored Links

高校英語高校英文法・構文
\ よろしければシェアお願いします /
基礎からはじめる英語学習