今回は、「had better」と「had better not」の意味と使い方についてです。

これらの表現は、「~した方が良い」と軽く命令するようなきつい表現なので、他人言う時は、使う場面や自分の立場をよく考える必要があります。

似たような訳し方をする表現に助動詞のshouldがありますが、had betterやhad better notとは、相手に与える印象に違いがあります。

これらのニュアンスの違いについても例文で確認していきましょう。

Sponsored Links  

「had better」の意味と使い方

I‘d better bring an umbrella.
 
傘を持っていった方が良い。

had better~は、「~した方が良い」という意味になります。had betterの後には動詞の原形がくるのが基本のかたちです。(had better 動詞の原形)

例文の「I’d」は「I had」を短縮した口語表現です。この例文では、主語がI(私)なので、自分に対して「傘持っていかなくちゃ。」と言い聞かせるような使い方になります。

Sponsored Links

主語がI(私)の場合は問題ありませんが、had betterは、やや上から目線の軽い命令のようなニュアンスがあるので、主語が自分以外の場合は注意が必要です。

たとえば、You’d better bring an umbrella.(あなたは傘を持っていったほうがいい。)と言うと、まるで親が子供に対して上から口うるさく「~した方が良い」と言っているようなニュアンスになります。

友人に対して、「傘を持っていった方が良いよ。」とアドバイスするには、助動詞のshouldを使って、You should bring an umbrella.の方が自然な使い方です。

<例文>

It’s late, I’d better go.
(遅れてる、行ったほうが良い。)

We’d better get back to the room.
(私たちは部屋に戻った方が良い。)

You’d better tell him everything.
(あなたは彼に全てを伝えた方が良い。)

had-better-not-意味-使い方-should-違い-例文-画像1

「had better」「should」「ought to」の違い

「had better」「should」「ought to」は、3つとも「~した方が良い」という意味になりますが、それぞれがもつニュアンンスには違いがあります。

「should」と「ought to」は、それほど大きな違いはありませんが、「had better」はやや上から目線の言い方になります。

「should」と「ought to」は、友人などにアドバイスする時に使える言葉です。shouldの場合は、「こっちの方が良いよ。」と自分の気持ちを使える感じです。

ought toの場合は、「こっちの方が良いんじゃないかな。」と、shouldよりも客観性がある表現ですが、ほぼ同じようなニュアンスです。

しかし、「had better」は、上から目線で相手に物言いをするような言い方なので、軽く命令しているような印象になります。better(より良い)を使っているので、「そっちよりもこっちの方が良い。」とはっきり言っています。

had betterは相手に軽く命令するような意味合いがあるので、自分の立場と使う時のシチュエーションに注意が必要です。

「had better」「should」「ought to」を否定文にする時は、「had better not」「should not」「ought not to」になります。

Sponsored Links

「had better not」の意味と使い方

I‘d better not stay late at night.
 
夜更かししない方が良い。

had better notは、「~しない方が良い」という意味になります。had better notの使い方のポイントは、notの位置と訳し方です。

had betterの後には動詞の原形がくるのが基本のかたちですが、notの位置はその動詞の前になります。(had better not 動詞の原形)

また、否定文だからといって「良くない」わけではない。「~しない方が良い」という意味になるので、訳し方に注意しましょう。

例文では、自分自身「夜更かしない方が良い。」と言い聞かせるような使い方です。明日は朝早く起きなくてはいけない大事な予定があって、しっかりと自分に言い聞かせているようなイメージです。

had better notの場合も、had betterと同様に、上から目線の軽い命令口調になるので、他人に使う場合は、自分の立場と言う場面に注意が必要です。

had-better-not-意味-使い方-should-違い-例文-画像2

<例文>

I’d better not eat too much.
(食べ過ぎない方が良い。)

I’d better not watch TV all night.
(一晩中テレビを見ない方が良い。)

I have to study. I’d better not go to the party.
(勉強しなくてはならない。パーティーに行かない方が良い。)

Sponsored Links

おすすめの記事

I think that~の意味は「私は~だと思う」意見を詳しく伝える英語表現を例文で解説!

whicheverとwhateverの違い!意味や使い方、言い換えなどを例文で解説!

tooとveryの違いと使い分け!比較級はerとmore以外にも不規則に変化する形容詞がある!

have been toとhave gone toの違いと使い分け!経験/完了の訳し方を例文で解説!

toとforの使い分けは動詞に違いがある!前置詞の使い方を例文で解説!

>>>英語を話せるようになりたい方へアドバイス

Sponsored Links

Check!≫ いつでもどこでも!スマホひとつで英語学習

「スタディサプリ」は、「ゼクシィ」や「カーセンサー」などでお馴染みの大手企業のリクルート社が手掛ける英語学習サービスです。

「スタディサプリ」の最大の特徴は「利便性の高さ」です。暮らしでこんなサービスがあったらイイなを実現するサポート型のプログラムと言えます。最新音声認識技術を使った会話シミュレーションで自分の発音をチェックできたり、ドラマ仕立てのレッスンで日常英会話で必要な表現を楽しみながら学ぶこともできます。

「日常英会話ができるようになりたい」「TOEICで効率良くスコアアップしたい」「入試・受験で活用したい」など、それぞれの目的に合った学習プランが充実しています。通学/予約が必要なく、スマホさえあればちょっとした空き時間や移動時間でも、手軽に活用できる便利な英会話サービスです。

1日33円からできるリーズナブルな価格設定なので、いつもの英語学習をサポートするアイテムとして手軽に始められます。1回3分の短いレッスン動画から始められるので、多忙なビジネスマンや主婦、部活が忙しい受験生などにお勧めです。

あなたに合ったコースを選択

 

学び方いろいろ

英語をしっかり勉強したい方のために、お勧めの学習方法を紹介します。

英語学習は、オンライン英会話や英会話スクールなど学び方は様々です。あなたのライフスタイルに合ったプログラムを選んで、英語の習得に役立てましょう!

 
【オンライン英会話】ネイティブキャンプ

 「ネイティブキャンプ」は、初級者から上級者まですべてをカバーするオンライン英会話です。予約不要なので24時間365日好きな時にレッスンができます。
初めのうちは英語圏国民のような完璧な英語を目指す前に、約1500程度の英単語を軸に、確実に自分の意思が相手に伝わる「グローバルイングリッシュ」を学んでいきます。
英会話初心者から日常会話に問題のないTOEICハイスコアを目指す上級者まで、それぞれのレベルで自由にカリキュラムが組めるので、あなたのレベルに合った授業を受けることができます。

 
【英会話スクール】駅前留学のNOVA

 「NOVA」は、日本最大級の校舎数を誇る英会話スクールです。「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方にお勧めです。
NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカーなので、クオリティー面も安心です。
レッスンは最大4人までの少人数制なので、本物の使える英語が身につきます。

 
【通信教育】Z会

 「Z会」は、幼児から大学受験まで幅広いコースを展開する通信教育です。東大、京大をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績があります。
自宅にいながら、Z会講師の質の高い授業を受講できます。丁寧な添削指導で、通信教育であってもお子さま一人ひとりに合わせた指導が可能です。
お子さまに必要な「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できます。

 
【語学留学】School With

 「School With」は日本最大級の留学総合サイトです。英語圏の8カ国を中心に一人ひとりに合った留学先をご提案しています。
留学経験者の口コミが多数掲載されているので、自分にあった留学先を見つけるための情報がとても豊富です。「オススメの国都市診断」や「フィリピン学校診断」など診断機能があるので、自分にあった留学先がすぐに見つかります。

Sponsored Links