look/see/watchの違いとは?「見る」を英語で使い分ける!

look/see/watchの違いとは?「見る」を英語で使い分ける!

同じ「見る」という意味をもつlook/see/watchの3つの英単語がありますが、英会話では、それぞれ状況によって使い分けます。

今回のレッスンでは、look/see/watchの違いについて例文で解説します。

Sponsored Links

lookの使い方

look! That is Mt. Fuji.
 
見て!あれが富士山だよ。

「見る」という意味でlookを使う場合は、意識して何かを見る時に使われます。

例文では、「look!(見て!)」と指をさして、相手に富士山を意識して見るように伝えています。

対象物をじっと見続けるのではなく、視線を向けるように伝える感じです。

Sponsored Links

lookと相性の良い前置詞にatがあります。

「look at~」で「~を見る」という意味なります。

前置詞のatは、一点を表した英語表現です。

例えるならば、遠くの的の真ん中に弓矢を当てるような一点に向かって指し示すイメージです。

ですから、ある特定の対象物を意識的に見る時に使うlookとatの組み合わせはとても相性が良いのです。

look-see-watch-違い-見る-英語-使い分け-画像1

<例文>

Look at the camera.
(カメラを見て。)

I’m just looking.
(見てるだけです。お構いなく)

お店で買い物をしている時に、店員さんからMay I help you?(何かお探しですか?)と声をかけられた時に、I’m just looking.(見てるだけです。お構いなく)というフレーズはよく使われます。

フレーズごと覚えておくと便利です。

Sponsored Links

seeの使い方

I can see birds in the forest.
 
森で鳥がいるのが見える。

「見る」という意味で使うseeのニュアンスは、意識して見ようとしなくても、対象物が自分の視野に入り、自然と見えているというイメージです。

例文では、森の木々を見ると、自然に鳥が視界に入っている状態を表しています。

lookの場合は、対象物に意識して視線を向けるイメージでしたが、それとは違い、seeの場合は、対象物が意識しなくても視野に入っているというイメージです。

<例文>

I can see him in the library.
(図書室に彼がいるのが見える。)

I can not see her from here.
(私はここからでは彼女が見えない。)

seeは、「理解する」という意味でも使われますが、物事が見えているという状態は、理解できているという状態でもあると解釈すればイメージできると思います。

I see.(なるほど。分かりました。)

look-see-watch-違い-見る-英語-使い分け-画像2

watchの使い方

I am watching TV now.
 
今、テレビを見ています。

「見る」という意味でwatchを使う時は、対象物を意識的にじっと注意深く見るイメージで使われます。

lookとwatchの違いは、lookの場合は、視線を向けるだけですけど、watchの場合は、じっと注意深く見守るイメージです。

例文のように、テレビや映画など画面をじっと見続けている状態でwatchを使います。

<例文>

I was watching a movie last night.
(私は昨晩、映画を見ていた。)

Please watch over the children.
(子供たちを見守ってください。)

「watch over~」で「~を見守る」という意味なります。

「to keep watch over~」で「~を見張る」という意味になります。

合わせて覚えておくと良いでしょう。

look/see/watchの違いとは?「見る」を英語で使い分ける!

便利な英会話アプリはこちらです⇒ スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

Sponsored Links

おすすめの記事

I think that~の意味は「私は~だと思う」意見を詳しく伝える英語表現を例文で解説!

canの意味は「~できる」だけじゃない!頼み事をする時にも使える!

shouldとmustの意味と使い方!should notとmust notの違いを解説!

tooとveryの違いと使い分け!比較級はerとmore以外にも不規則に変化する形容詞がある!

英語は後ろから説明!状態や状況を表す英文の語順について解説!

【PR】TOEIC受験をサポート


TOEICのテストは、「TOEIC L&R(Lestening&Reading)」や「TOEIC S&W(Speaking&Writing)」などの種類がありますが、日本でTOEICと言うと一般的に「TOEIC L&R」を指します。

「TOEIC L&R」は、45分のリスニングテストと、75分のリーディングテストで構成されています。配点は、リスニングテスト495点とリーディングテスト495点を合わせて990点満点になります。

問題数は、リスニングテスト100問とリーディングテスト100問を合わせて、なんと200問もあります。200問を120分で答えていくわけですから、何の戦略もなく何となくテストを受けて良い点を取れるわけがないのです。

とは言え、「TOEIC L&R」は、英語を聞くテストと英文を読むテストだけなので、英語を話すことは問われません。出題の傾向を知っていれば対策できるはずです。

本気でTOEICのスコアアップを目指したいという方には、大手企業のリクルート社が提供する「スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン」をお勧めします。

パーソナルコーチプランでは、いつ、何をやれば良いかを明確にした一人ひとりの学習プランを作成し、それを精鋭講師がチャットや音声通話でサポートしてくれます。気になる方は、TOEIC受験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

あなたに合ったコースを選択

 

【PR】ライフスタイルに合った学習方法を選ぶ

英語が話せるようになりたいけど、具体的に何から始めていけばよいのか分からない。そんな方は一度英会話プログラムを体験して、英語学習のコツを学ぶと効率が良くなります。

英語学習は、英会話スクールやオンライン英会話など学び方は様々です。あなたのライフスタイルに合ったプログラムを選んで、英語の習得に役立てましょう。

【オンライン英会話】ネイティブキャンプ

 オンライン英会話の「ネイティブキャンプ」は、芸能人による体験動画が様々なメディアで紹介されて、いっきに人気を集めたプログラムです。
「ネイティブキャンプ」の最大の特徴は「学習の楽しさ」です。アメリカ・イギリスなどのネイティブスピーカーや、英語運用能力が非常に高いフィリピン・セルビアなど世界100ヶ国以上の様々な国籍の講師が在籍しています。そんなバラエティ豊かな講師とオンラインで英会話レッスンが可能なので、まるで世界中の外国人とシェアハウスで話しているような楽しさがあります。
一口に英語と言っても各国で発音や言い回しが異なり様々な英語表現があります。いろいろな国籍の講師と英語で会話することは貴重な体験になることでしょう。無料レッスン体験があるので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

【ビジネス英会話】ビズメイツ

 ビジネスシーンでの英会話は、日常会話とは違ったフォーマルな表現が要求されます。また、信頼関係を築くためには英語でのコミュニケーションスキルも必要です。さらに、グローバルなビジネス環境では異なる文化や価値観を理解することも大切です。
ビズメイツは、これら全てをサポートするビジネス英語特化型のオンライン英会話です。ビジネス英語と言うとハイレベルな内容だと思われがちですが、ビズメイツでは、最初のレベルは中学英語から学習するため英会話初心者でも安心して始められます。多忙なビジネスパーソンの良きパートナーとなる、高品質なビジネス英会話プログラムを提供しています。

【英会話スクール】駅前留学のNOVA

 「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方には、駅前留学でお馴染みの大手英会話スクール「NOVA」をお勧めします。
オンライン会話や英会話アプリなどは、学習する場所と時間を問わないのでとても便利ですが、その反面、自発的な学習意欲がなければ続かないこともあります。
英会話スクールに通う事を生活の一部にしてしまえば、通う事自体がひとつの楽しみになり、生活もより充実したものになることでしょう。
NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカーなので、クオリティー面も安心です。レッスンは最大4人までの少人数制なので、本物の使える英語が身につきます。駅の近くにお住まいの方や、普段から通勤・通学で電車をご利用の方など、駅前留学の「NOVA」を活用してみてはいかがでしょうか。

通えない方のためにLIVE配信のオンライン英会話も開講しています⇒NOVAの外国人講師がオンラインでレッスンを生配信!

Sponsored Links

大人英語間違いやすい大人英語
\ よろしければシェアお願いします /
基礎からはじめる英語学習