「may have 過去分詞」と「might have 過去分詞」は、どちらも「~したかもしれない」という意味なります。助動詞 + 完了形のかたちになります。

これらは「過去」の出来事を「現在」になって「~したかもしれない」思うところが使い方のポイントです。

また、助動詞のmayとmightの違いについては、それほど大きな違いがなく、あまり神経質に考える必要はないのですが、それぞれのニュアンスの違いについても合わせて解説していきます。

Sponsored Links  

「may have 過去分詞」の意味と使い方

I may have said so.
 
私はそう言ったかもしれません。

助動詞のmayは「~かもしれない」という現在の気持ちを表していますが、完了形のhave+過去分詞は「~した」という過去についての内容です。

つまり、may have 過去分詞は「~したかもしれない」という意味になります。過去の出来事に対して今になって「~かもしれない」と思っている状態です。

例文では、過去に自分が言った事に対して、今の私が「そう言ったかもしれない」と思っている状態を表しています。過去の出来事についての今の気持ちを表しているということがポイントです。

Sponsored Links

<例文>

She may have been sick.
(彼女は病気だったのかもしれない。)

I may have left my phone in the train.
(私は電車に携帯電話を置き忘れたかもしれない。)

I may have eaten too much.
(私は食べ過ぎたかもしれない。)

may-have-might-have-意味-違い-助動詞-過去分詞-使い方-例文-画像1

「may have 過去分詞」と「might have 過去分詞」の違い

I might have said so.
 
私はそう言ったかもしれません。

実は「may have 過去分詞」と「might have 過去分詞」の意味は、ほぼ一緒で「~したかもしれない」という意味になります。それでも、全く同じではなくニュアンスの違いがあります。

「may have 過去分詞」と同様に「might have 過去分詞」も、過去に起きた出来事について今になって思うということが使い方のポイントです。mightはmayの過去形でもありますが、助動詞の場合は「~かもしれない」という現在の気持ちを表しています。

「may have 過去分詞」と「might have 過去分詞」の違いを説明する前に、まずはmayとmightの違いについて理解する必要があります。

Sponsored Links

mightはmayの過去形とされていますが、助動詞のmightは現在のことを表す時でも使います。他にもよく使う助動詞に「can could」や「will would」などがありますが、いずれも同様のことが言えます。

たとえば、Could you give me some advice?(アドバイスをいただけませんか?)Would you give me some advice?(アドバイスをいただけませんか?)アドバイスをいただきたいのは今です。過去ではありません。

助動詞は過去形を使った場合はより丁寧な表現になるという特徴があります。canをcouldに置き換えるとより丁寧になり、willをwouldに置き換えた時もより丁寧になります。

それでは、mayをmightに置き換えた場合はどうなのか?実はそれほど大きな違いはありません。なぜならmay自体がすでに丁寧な言い方だからです。

それでも、mayよりもmightの方がさらに丁寧な表現のため、控えめな主張で「~かもしれない」という可能性が低い印象を相手に与えます。「may have 過去分詞」と「might have 過去分詞」の場合もmightを使った時の方が、より丁寧で可能性が低い表現になります。

そもそも「~かもしれない」と言っている場面は、自分の推測であったり記憶が曖昧な状態なので、日常会話の中ではより可能性が低く丁寧な印象のmightを使うことが多いように思えます。ただしmayを使っても間違いではありません。

mayよりもmightの方が「~かもしれない」という可能性が若干低いですが、いずれにせよ推測の範囲で曖昧な状態を表す助動詞なんで、その違いは微々たるものです。

may-have-might-have-意味-違い-助動詞-過去分詞-使い方-例文-画像3

<例文>

Lucy’s train might have been delayed.
(ルーシーの電車が遅れているのかもしれない。)

That might have been true.
(それは本当だったかもしれない。)

She might have been waiting in the station.
(彼女は駅で待っていたかもしれない。)

Sponsored Links

おすすめの記事

I wishの意味と使い方!wishの後が過去形でbe動詞がwereになる理由とは?

at/in/onの意味と使い方!前置詞の使い分けについて紹介!

数えられる名詞と数えられない名詞一覧!someとanyやa/anとtheは使えるのか?

「no more…than~」「no less…than~」意味の違いと使い方を例文で解説!

some/somethingとany/anythingの違いと使い分け!意味と使い方を例文で解説!

>>>英語を話せるようになりたい方へアドバイス

Sponsored Links

Check!≫ いつでもどこでも!スマホひとつで英語学習

「スタディサプリ」は、「ゼクシィ」や「カーセンサー」などでお馴染みの大手企業のリクルート社が手掛ける英語学習サービスです。

「スタディサプリ」の最大の特徴は「利便性の高さ」です。暮らしでこんなサービスがあったらイイなを実現するサポート型のプログラムと言えます。最新音声認識技術を使った会話シミュレーションで自分の発音をチェックできたり、ドラマ仕立てのレッスンで日常英会話で必要な表現を楽しみながら学ぶこともできます。

「日常英会話ができるようになりたい」「TOEICで効率良くスコアアップしたい」「入試・受験で活用したい」など、それぞれの目的に合った学習プランが充実しています。通学/予約が必要なく、スマホさえあればちょっとした空き時間や移動時間でも、手軽に活用できる便利な英会話サービスです。

1日33円からできるリーズナブルな価格設定なので、いつもの英語学習をサポートするアイテムとして手軽に始められます。1回3分の短いレッスン動画から始められるので、多忙なビジネスマンや主婦、部活が忙しい受験生などにお勧めです。

あなたに合ったコースを選択

 

学び方いろいろ

英語をしっかり勉強したい方のために、お勧めの学習方法を紹介します。

英語学習は、オンライン英会話や英会話スクールなど学び方は様々です。あなたのライフスタイルに合ったプログラムを選んで、英語の習得に役立てましょう!

 
【オンライン英会話】ネイティブキャンプ

 「ネイティブキャンプ」は、初級者から上級者まですべてをカバーするオンライン英会話です。予約不要なので24時間365日好きな時にレッスンができます。
初めのうちは英語圏国民のような完璧な英語を目指す前に、約1500程度の英単語を軸に、確実に自分の意思が相手に伝わる「グローバルイングリッシュ」を学んでいきます。
英会話初心者から日常会話に問題のないTOEICハイスコアを目指す上級者まで、それぞれのレベルで自由にカリキュラムが組めるので、あなたのレベルに合った授業を受けることができます。

 
【英会話スクール】駅前留学のNOVA

 「NOVA」は、日本最大級の校舎数を誇る英会話スクールです。「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方にお勧めです。
NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカーなので、クオリティー面も安心です。
レッスンは最大4人までの少人数制なので、本物の使える英語が身につきます。

 
【通信教育】Z会

 「Z会」は、幼児から大学受験まで幅広いコースを展開する通信教育です。東大、京大をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績があります。
自宅にいながら、Z会講師の質の高い授業を受講できます。丁寧な添削指導で、通信教育であってもお子さま一人ひとりに合わせた指導が可能です。
お子さまに必要な「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できます。

 
【語学留学】School With

 「School With」は日本最大級の留学総合サイトです。英語圏の8カ国を中心に一人ひとりに合った留学先をご提案しています。
留学経験者の口コミが多数掲載されているので、自分にあった留学先を見つけるための情報がとても豊富です。「オススメの国都市診断」や「フィリピン学校診断」など診断機能があるので、自分にあった留学先がすぐに見つかります。

Sponsored Links