indicateの意味と使い方!showとの違いを例文で解説!

「indicate」は、大学入試レベルの必須単語ですが、見慣れない英単語はなかなか覚えるのが難しいものです。indicateは「示す,表す」という意味で「show」とほぼ同じ使い方をします。そこで今回は、誰もが知っている単語のshowと、indicateのニュアンスの違いを例文で比較することで、それぞれの使い方を分かりやすく解説していきます。

Sponsored Links

「indicate」の意味

「指し示す,示す,表す,指摘する」

indicateは、「示す」という意味の動詞です。「指し示す」という意味では句動詞の「point out」とほぼ同じ意味で使われます。「表す」という意味では動詞の「show」とほぼ同じ意味で使われます。

indicateはフォーマルな印象がある言葉なので、指や矢印などでものを「指し示す」と言いたい時は、動詞のpointを使う方が一般的です。

Sponsored Links

showは、人にものを「見せる」という意味で最も一般的な動詞です。目の前にものを見せて「示す,表す」という意味で使うことができるので、indicateとほぼ同じような使い方をすることがあります。因みにindicateは、フォーマルな印象がある言葉ですが、showはフォーマルな場面でもカジュアルな場面でも両方で使うことができます。

indicate,意味,使い方,show,違い,例文,画像1

「indicate」と「show」の使い方の違い

例文①:The numbers indicate that sales are growing.
 
数字は売上が伸びていることを示しています。

例文②:The numbers show that sales are growing.
 
数字は売上が伸びていることを示しています。

結論から言うと、indicateを使った例文①と、showを使った例文②は、ほぼ同じ意味になります。indicateは、対象を指し示すこと、「暗示」または「指摘する」という意味合いがある言葉です。indicateを使った例文①では、数字の変動を指し示すことで、売り上げが伸びていることを指摘しています。この数字が変動しているのは売上が伸びている「しるし」というニュアンスになります。

一方、showは、「示す,表す」という意味で、広く使われる一般的な言葉です。ですから、showを使った例文②は、単に数字の変動を見せて売上が伸びていることを「表示する」という意味合いになります。この数字を見れば売上が伸びていることが「一目瞭然」ですというニュアンスになります。

indicateとshowの細かい違いを言えば、以上のような内容になりますが、例文①と例文②に関しては結局言いたいことはほぼ同じです。

Sponsored Links

indicateは例文①のように、「indicate that S V」の形で使うことが多いので、この使い方をしっかり覚えておきましょう。まず最初に「The numbers indicate(数字が示している)」と言ってから、何を示しているのかという具体的な内容はthat節の後に、S(主語)V(動詞)の順に置いて説明を加えていきます。例文①ではthat節の後に数字が示している具体的な内容の「sales are growing(売上が伸びている)」と言って説明を加えています。

indicate,意味,使い方,show,違い,例文,画像2

例文③:This graph shows that sales are growing.
 
このグラフは売上が伸びていることを示しています。

例文③は、右肩上がりのグラフを目の前に見せて売上が伸びていることを示しているので、indicateよりもshowを使った方が適していると言えます。

showは「示す,表す」という意味で、indicateよりも一般的な言葉なので、幅広い場面で使うことができます。さらにshowはカジュアルな場面でもフォーマルな場面でも使うことができるので、どちらを使うか迷った時はshowを使った方が無難です。

ただし、indicateは日常的に全く使わないというわけではありません。ややフォーマルな印象があるindicateですが、文章表現などで見かけることがあるので、これを機会にしっかり覚えておきましょう。

point outの使い方については以前に書いた記事があるので、合わせてご覧ください。大人の学習者向けに書いた記事ですが、簡単な例文を使った基礎的な内容になっています。

point outの意味と使い方!動詞のpointを例文で解説!
英語の「point」は名詞の意味がよく知られていますが、今回紹介するのは動詞の「point」を使った「point out」の使い方を例文で解説していきます。実は「point」という言葉は、単なる「点」を表しているわけではありません。この...

Sponsored Links

おすすめの記事

would rather (not) thanの意味と使い方!preferとの違いを例文で解説!

Not untilが文頭の倒置表現!意味と使い方を例文で解説!

「in order that」「so that」接続詞の意味と使い方!「in order to」の違いを例文で解説!

be disappointed at/withの意味と使い方!前置詞の違いを例文で解説!

adaptとadoptの違いの覚え方!意味と使い方を例文で解説!

>>>英語を話せるようになりたい方へアドバイス

Check!≫ 多忙な学習者をサポート

「スタディサプリ」は、「ゼクシィ」や「カーセンサー」などでお馴染みの大手企業のリクルート社が手掛ける英語学習アプリです。すでに登録者数が58万人を超えるほどの人気アプリです。

人気の理由は、有名講師が務める確かな学習内容を、エンタメのプロが楽しく分かりやすく作り上がているという点です。テレビの語学番組に出演する人気講師が、1回1分の「神授業」動画を解説しています。大ヒットドラマの「ごくせん」や「ナースのお仕事」などを手掛けた有名な脚本家が、ドラマ仕立ての英語レッスンのシナリオを書いているので、楽しみなら学習できます。

「スタディサプリ」は、スマホさえあれば、いつでもどこでも英語学習ができる便利なアプリです。「英語学習を楽しく続けたい!英語を1から学びたい!」「海外旅行の前に英語に慣れておきたい!」「訪日外国人と英語を使ってコミュニケーションしたい!」「1回3分!忙しいママでも手軽にレッスンしたい!」このような方にお勧めです。

あなたに合ったコースを選択

 

おすすめの英会話プログラム

英語が話せるようになりたいけど、具体的に何から始めていけばよいのか分からない。そんな方は一度英会話プログラムを体験して、英語学習のコツを学ぶと効率が良くなります。

英語学習は、英会話スクールやオンライン英会話など学び方は様々です。あなたのライフスタイルに合ったプログラムを選んで、英語の習得に役立てましょう。

 
【オンライン英会話】ネイティブキャンプ

 オンライン英会話の「ネイティブキャンプ」は、芸能人による体験動画が様々なメディアで紹介されて、いっきに人気を集めたプログラムです。
「ネイティブキャンプ」の最大の特徴は「学習の楽しさ」です。アメリカ・イギリスなどのネイティブスピーカーや、英語運用能力が非常に高いフィリピン・セルビアなど世界100ヶ国以上の様々な国籍の講師が在籍しています。そんなバラエティ豊かな講師とオンラインで英会話レッスンが可能なので、まるで世界中の外国人とシェアハウスで話しているような楽しさがあります。
一口に英語と言っても各国で発音や言い回しが異なり様々な英語表現があります。いろいろな国籍の講師と英語で会話することは貴重な体験になることでしょう。無料レッスン体験があるので一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 
【通信教育】Z会

  「Z会」は、幼児から大学受験まで幅広いコースを展開する通信教育です。東大、京大をはじめとする難関大学合格に圧倒的な実績があります。
自宅にいながら、Z会講師の質の高い授業を受講できます。丁寧な添削指導で、通信教育であってもお子さま一人ひとりに合わせた指導が可能です。
教育改革によって知識量よりも思考力が重視される傾向があります。この変化をチャンスに変えるために、お子さまに必要な「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的な学習プログラムを提供しています。

 
【英会話スクール】駅前留学のNOVA

 「オンライン英会話もいいけど、スクールに通って直接レッスンを受けたい!」という方には、駅前留学でお馴染みの大手英会話スクール「NOVA」をお勧めします。
オンライン会話や英会話アプリなどは、学習する場所と時間を問わないのでとても便利ですが、その反面、自発的な学習意欲がなければ続かないこともあります。
英会話スクールに通う事を生活の一部にしてしまえば、通う事自体がひとつの楽しみになり、生活もより充実したものになることでしょう。
NOVAの講師は、全員教える言語を母国語とするネイティヴスピーカーなので、クオリティー面も安心です。レッスンは最大4人までの少人数制なので、本物の使える英語が身につきます。駅の近くにお住まいの方や、普段から通勤・通学で電車をご利用の方など、駅前留学の「NOVA」を活用してみてはいかがでしょうか。