英熟語一覧(高校英語・大学受験)

英単語は、単体で覚えるよりも、英熟語(言葉のかたまり)で覚える方が、使い方も学べるので吸収しやすい。

以下の内容は、大学入試で常に出題される基本単語(動詞または形容詞)を含んだ英熟語一覧表です。

「例文リンク」から単語がもつ意味と例文を確認することができます。

高校生はもちろんですが、大人の学習者も復習してみましょう。

No 英熟語 意味 例文リンク
001 consider A as B AをBと見なす ≫ 例文を読む
002 decide on に決める ≫ 例文を読む
003 depend on に依存する;に左右される 例文を読む
004 provide for に備える  例文を読む
005 agree to に同意する  例文を読む
006 prefer A to B BよりもAを好む  例文を読む
007 compare A with B AとBを比較する  例文を読む
008 belong to に所属する  例文を読む
009 reflect on を熟考する  例文を読む
010 contribute to に貢献する;を寄付する  例文を読む

Sponsored Links

011 differ from と異なる  例文を読む
012 concentrate on に集中する  例文を読む
013 invite 人 to 人を~へ招待する  例文を読む
014 introduce A to B BにAを紹介する  例文を読む
015 engage in に従事する  例文を読む
016 complain of の不平を言う  例文を読む
017 divide A into B AをBに分ける  例文を読む
018 tend to do ~しがちである  例文を読む
019 intend to do ~するつもりである  例文を読む
020 remind of に思い出させる  例文を読む

英語-熟語-一覧-高校英語-大学受験-画像

021 respond to に答える;に反応する  例文を読む
022 be disappointed in に失望する  例文を読む
023 interfere with の邪魔をする;に干渉する  例文を読む
024 recover from から回復する  例文を読む
025 hesitate to do ~することをためらう  例文を読む
026 devote to を捧げる  例文を読む
027 rely on に頼る  例文を読む
028 confuse A with B AをBと混同する  例文を読む
029 participate in に参加する  例文を読む
030 compete with と競争する;と張り合う  例文を読む

Sponsored Links

031 be tired of に飽きる  例文を読む
032 inform A of B AにBを知らせる  例文を読む
033 proceed with を続行する  例文を読む
034 adjust to を調整する;を適応させる;に順応する  例文を読む
035 associate with を連想する;と付き合う  例文を読む
036 approve of に賛成する  例文を読む
037 assure of を保証する  例文を読む
038 be familiar with をよく知っている;に精通している  例文を読む
039 be aware of に気付いている  例文を読む
040 be similar to に似ている  例文を読む

 

041 be responsible for に責任がある  例文を読む
042 be curious about を知りたがる  例文を読む
043 be anxious for を切望している;を心配している  例文を読む
044 be superior to より優れている  例文を読む
045 be sensitive to に敏感である  例文を読む
046 be worthy of に値する  例文を読む
047 be indifferent to 無関心である  例文を読む
048 be grateful to に感謝する  例文を読む
049 be indispensable to に欠かせない  例文を読む
050 be likely to do ~しそうである  例文を読む

Sponsored Links

おすすめの記事

「should have 過去分詞」「need not have 過去分詞」の意味と使い方を例文で解説!

It takes+人+時間+to do「~するのに時間がかかる」意味と使い方を例文で解説!

「had+過去分詞」「will have+過去分詞」の意味と使い方!過去完了形と未来完了形の違いについて解説!

soとsuchの違いと使い分け!such…thatの意味と使い方も例文で解説!

used toとbe used toの使い分け!意味と使い方を例文で解説!

英語学習スマホ活用法
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。
「スタディサプリ高校講座・大学受験講座」は、大手企業のリクルート社が提供するオンライン学習サービスです。スマホさえあれば、いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができます。毎日の予習復習、定期テスト対策、受験対策など、一人一人の目的に合わせてご利用いただけます。
高校英語英熟語

英単語は「思い出す」ことで覚えていく

created by Rinker
旺文社
¥1,210 (2023/02/01 08:07:45時点 Amazon調べ-詳細)

英単語を覚える時は、「読む」「書く」「話す」の3ステップを繰り返すことが大切です。1度覚えた英単語を忘れてしまった場合は、この3ステップを繰り返して、もう1度「思い出す」ことで脳に記憶が定着していきます。

たとえば、動詞の「recommend [rèkəménd](勧める)」を覚えたい場合は次の通りです。

1.「読む」
「recommend」の正しい発音を発音記号やGoogle翻訳の音声機能などを使って確認してから、声に出して「recommend」を読んでみる。

2.「書く」
「recommend」のスペルと意味を覚えるまで書く。

3.「話す」
具体的なシチュエーションを想定して、「recommend」を使った英文を作り、独り言でも良いので話してみる。

たとえば、友人の行きつけの飲食店に連れて行ってもらった時に、おすすすめのメニューを聞くというシチュエーションを想定して、「What do you recommend?(あなたのおすすめは何ですか?)」という英文を作って話してみる。

そして、動詞の「recommend [rèkəménd](勧める)」を名詞の「recommendation [rèkəməndéɪʃən](推奨)」に変えたら、どのような英文になるのかを考えてみる。答えは「What’s your recommendation?(あなたのおすすめは何ですか?)」になります。

これで、動詞の「recommend」と名詞の「recommendation」の2つの英単語が覚えられたと思います。

しかし、大抵は数日経てば忘れてしまうものです。そこで諦めないで、再び「読む」「書く」「話す」の3ステップを繰り返すことが大切です。忘れてしまった英単語を「思い出す」ことで脳に記憶が定着していきます。

大人におすすめの英単語帳

created by Rinker
アイシーピー
¥1,320 (2023/02/01 08:07:39時点 Amazon調べ-詳細)

アメリカの大学教授3名を含む15名のネイティヴが作った「暗記する価値のある英文」で、現代英語の重要単語1600語と重要熟語1000語が学べる。まずは標準レベルの英語力を身に付けたいという方におすすめ。

TOEIC(L&R)対策におすすめの英単語帳

created by Rinker
朝日新聞出版
¥979 (2023/01/31 19:14:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
朝日新聞出版
¥979 (2023/02/01 04:14:32時点 Amazon調べ-詳細)

「金のフレーズ」はTOEICが600点以上の方におすすめ。まだ自信がない方は、基礎固め編の「銀のフレーズ」から始めてみましょう。

高校生におすすめの英単語帳

created by Rinker
旺文社
¥1,210 (2023/02/01 08:07:45時点 Amazon調べ-詳細)

大学入試に出題される可能性が高い順に英単語が載っている英単語帳。

中学生におすすめの英単語帳


高校入試に出題される可能性が高い順に英単語が載っている英単語帳。

【PR】TOEICを何となく受ける前に…


大学受験はしっかり傾向と対策を立てて勉強するのに、なぜかTOEICは何の対策も立てずに何となく受けてしまう人が多いように思えます。

「TOEIC L&R」は、リスニングテストとリーディングテストを合わせて、120分で200問も解かなくてはいけない難問です。何の準備もせずにテストを受ければ、全問回答する前にテスト時間が終わってしまうことも有り得ます。

「TOEIC L&R」は、英語を聞くテストと英文を読むテストだけなので、英語を話すことは問われません。ですから、出題の傾向を知っていれば対策できるはずです。特にリーディングテストは、自分のペースで回答できるので、事前に出題形式を知っていれば、ペース配分を組み立てやすいです。

本気でTOEICのスコアアップを目指したいという方には、大手企業のリクルート社が提供する「スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン」をお勧めします。

パーソナルコーチプランでは、いつ、何をやれば良いかを明確にした一人ひとりの学習プランを作成し、それを精鋭講師がチャットや音声通話でサポートしてくれます。気になる方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

あなたに合ったコースを選択
Sponsored Links
\ よろしければシェアお願いします /
基礎からはじめる英語学習