Sponsored Links

高校英語, 高校英文法・構文

今回は「be said that SV」と「be said to do」の書き換えについて例文を使って解説していきます。 このような表現は「say」以外にも「t ...

高校英語, 高校英文法・構文

今回は、「can be 過去分詞」や「will be 過去分詞」など、助動詞を使った受動態の意味と使い方について例文で解説していきます。 助動詞の受動態は、使い ...

高校英語, 間違いやすい高校英語

高校英語では、by以外の前置詞を使う受動態として「be known to~」を学習しますが、実は相手に伝えたい内容によって前置詞は変わるもので、「be know ...

中学英語, 中学英文法・構文

受動態は「~される」という受け身の意味になる表現です。今回はこの受動態の疑問文の作り方と答え方について例文で解説していきます。 who、what、whenなどの ...

Sponsored Links

中学英語, 間違いやすい中学英語

「be surprised at」と「be surprised by」は、前置詞の「at」と「by」の違いだけですが、これだけで英文全体の意味と用法が全く異なり ...

高校英語, 高校英文法・構文

今回は、「be being + 過去分詞」と「be being + 形容詞」の意味と使い方について解説します。 どちらも「be動詞+~ing」という進行形を使っ ...

大人英語, 間違いやすい大人英語

「be made of~」と「be made from~」は、どちらも「~でできている」と訳すことができますが、それぞれが持つ意味は違います。 これらの違いをし ...

中学英語, 中学英文法・構文

中学英語の受動態「~される」疑問文や過去の表現を紹介! 「~される」と訳されて主に動作を受ける時の表現として使われるのが受動態です。 「受け身」の文とも言われま ...

Sponsored Links