Sponsored Links

大人英語, 会話で役立つ表現

今回は「hate to do」の意味と使い方について例文で解説していきます。 相手になかなか言いにくいことがある時に、印象を和らげるための前置きフレーズとして「 ...

大人英語, 間違いやすい大人英語

今回は、「be reluctant to do」と「be unwilling to do」の意味と使い方の違いを例文で解説していきます。 「reluctant」 ...

中学英語, 中学英文法・構文

今回は「help 人 with」と「help 人 (to) do」の意味と使い方について例文で解説していきます。 「help 人 (to) do」は、「to」を ...

大人英語, 会話で役立つ表現

今回は「not to mention」と「needless to say」の意味と使い方の違いを例文で解説していきます。「not to mention」と「ne ...

中学英語, 中学英文法・構文

不定詞とは、文字通り使い方が「定まらない」品詞です。時には「名詞的な使い方」をしたり、「形容詞的な使い方」をしたり、「副詞的な使い方」をします。 一見、難しいよ ...

中学英語, 間違いやすい中学英語

「want to~」と「would like to~」は、どちらも要望や希望を相手に伝える時に使う言葉ですが、それぞれの言葉が持つニュアンスに違いがあります。 ...

Sponsored Links

高校英語, 高校英文法・構文

今回は、「…enough to~」の使い方を例文で解説していきます。「…enough to~」は、「~するのに十分…だ」という意味の熟語です。これを「とても.. ...

高校英語, 間違いやすい高校英語

英語の動詞には、不定詞を目的語にしても動名詞を目的語にしてもほとんど意味が変わらないものがあります。たとえば動詞のlike は、「I like to sing. ...

中学英語, 中学英文法・構文

今回は「It is~(for人)to…」というかたちの構文について意味と使い方を例文で解説していきます。 英語は、自分が最も伝えたいことを初めに言うことが基本で ...

高校英語, 高校英文法・構文

「be to 動詞の原形(be動詞+不定詞)」の英文は、「~するべき」や「~するつもり」「~する運命だった」など、いろいろな訳し方があるので分かりにくいかもしれ ...

Sponsored Links